Cross×Road
スポーツサイクル初心者によるサイクリング日記・・・のはずだったけど冬場はスキー日記になりそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂アレルギーの克服と上りの漕ぎ方
これまで自分は坂が苦手で苦手で、ずーーーーーーっと避けてきた。
いつまでもそれじゃイカンよな、と尾根幹に出かけたこともあるけど、
1回行ってオシマイが2度。

今年の夏、ひさしぶりのロングライドの後、尾根幹に行ってみた。
きつかった。来週からは暑いけどまた荒川に行こうと思った。



それからなぜか、ネットで新しい坂情報を漁っては、
毎週のように坂巡りを繰り返すようになってしまった。
20141011-02程久保の激坂
激坂を上りきった後の達成感はいい。
けど、遅いし苦手なのは変わっていない。
STRAVAのセグメントを見ても、平坦はそこそこの順位でも上りはビリッケツの方。

でも避ける気持ちはなくなり、むしろ楽しくなっている。
どうしてこうなったのか考えてみた。

1つ目。
もともと新しい場所を開拓するのが好きだってこと。
飲食店を調べて食べ歩くのも好きだし、
スキーでも車無しなのに50以上のスキー場を回っている。
自転車でも最近は荒川ばかり走っていたけど、
最初の1~2年は、いろいろなところを回ったっけ。

で、もう1つ。
坂が遅いのは変わらないけど、
遅くて構わないと思えるようになって、楽で消耗しない乗り方がわかった。
「速く走る」ではなくて、「足を着かずに上りきる」「予定の坂を回りきる」
と考えると、頑張って足使うと持ちません。


前振り長いけど、これが本題。
ポイントは2つ。

●ダンシングと言うよりは、ゆっくり立ち漕ぎ
平地のペダリングでも同じようなことを書いたような気がする^^;;

上りはシッティング+軽めのギアでくるくる回す
とか
ちょい重めにしてダンシングで
とかやってみましたが、どうにも消耗が激しい。

ダンシングの意識は忘れて、体の力を抜いて
ふらつかない程度の軽めのギアで
ゆーっくり、じーっくり立ち漕ぎをしてやる。
ペダリングは、決して踏まない。
片脚立ちのように腰から下を1本の棒のような意識で、
じわぁーーーと徐々に体重を乗せていく。
スキーの「外足に乗る」と同じような感覚。

手は添えるだけ。
傾斜が急になると、前輪が浮きそうになるので、
浮かないようにはするけど、基本的に重さは足に乗せる。

ん、もしかしてこれが「休むダンシング」だったりする?

●助走をつけない
短くて勢いで越えられる坂ならいいんです。
そうでない場合は、ヘタな助走は逆効果。
勢いがなくなったときに足を使うし、
シッティング(もしくはダンシング)からゆっくり立ち漕ぎの切り替えや
シフトチェンジでリズムが狂うロスの方が大きい。

まー、速くは上れませんが、
これを意識するようになってから、かなり楽になりました。
坂を上った後にヒイヒィ言っても、少し休めば復活するようになったし。


にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
関連記事

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://xroad99.blog76.fc2.com/tb.php/310-8fcdcbdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告



プロフィール

kotaro

Author:kotaro
from 西東京市


ski
field 戸隠、かぐら
materials
 ⑨K2 Pinnacle 95(16)
 ⑧HEAD i.SuperShape Speed(15)
 ⑦VOLKL RTM77(13)
 ⑥VOLKL CODE SPEEDWALL(13)

cycling
field 多摩湖、荒川、尾根幹、名栗
bike
 ④GT GRADE ALLOY(15)
 ③Cannondale SuperSix EVO(14)
 ②FELT F85(11)
 ①プレシジョンスポーツ(10)

other site
 多摩の坂
 大東京ヒルクライム!
 CHARI×MONO
 SKI×MONO



最新記事



最新コメント



カテゴリ



月別(表示数指定)



リンク

このブログをリンクに追加する



にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。