Cross×Road
スポーツサイクル初心者によるサイクリング日記・・・のはずだったけど冬場はスキー日記になりそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シークレット・レースを読んで
元選手タイラー・ハミルトンが、自身のドーピングを赤裸々に綴り、
自転車ロードレース界に蔓延するドーピングとランス・アームストロングの裏の姿を暴露した
「シークレット・レース ツール・ド・フランスの知られざる内幕」を読んだ。
ネットでいろんな人の書評や感想を見て、
自分の感想はちょっと違ったので書いてみる。

この本にあることは、私たちの周りにもある
日常的なありふれた話だと感じた。
そう、スピード違反のように。

違うのは、これがロードレースという衆目の集まる世界のことであり、
ドーピングが大問題となり、英雄ランス・アームストロングが永久追放されるに至った
時代であったということ(永久追放は、この人の告白が一端ですが)

ドーピングと聞くと非常に特殊で、卑劣なことと感じてしまうが、
プロのアスリートが、パフォーマンス向上に貪欲になるのは当然のこと。

薬なんかに頼って勝って嬉しいの?
健康への影響は?
不公平じゃない?

点滴、ビタミン注射、アミノ酸、カフェイン目的のコーラは、ドーピングとどう違うのでしょう。
(一部禁止のものもありますし、今後禁止になる可能性もあります)
本書を読んだ限りでは、EPOや自己血輸血はきちんと管理すれば、健康被害は少ないように感じます。
薬物や食品(とされているもの)のリスクの認識は、時代によって変わります。
覚醒剤ですら、日本で危険性がハッキリと認識され禁止されたのは戦後のことです。
また、マラソン選手らもよくやっている高地トレーニングは、
EPOや自己血輸血と同じ効果を狙ったもので、同じ危険を伴うという話もあります。
トレーニングついでに、
ヘルマン・マイヤーや皆川賢太郎の復活の一端を担った電気刺激によるトレーニングや
室伏広治らの使っているクライオセラピーの使用は、公平と言えますか?
(そんなことを言ったら高地に住む選手や先進国の選手は・・・)

確実に効果があり、健康への影響もほとんどなく、検査でひっかかる可能性も極めて低い。
NO!と言えば、その世界にはいられなくなる。

普通の人たちだって100%クリーンではありませんよね。
安全のためと言い、周りの流れに乗るためにスピードを出す。
最初に出したスピード違反や駐車違反、
シゴトしてりゃあ灰色なことは色々あるんじゃありません?
地味でありふれた世界、日常的でグレーなことが、
突然大きな問題になったり、注目されることだってあります。
消費期限や食品表示問題、個人情報の漏洩やよくある杜撰な●●。

だから、別にいいじゃん!
と言うわけじゃないですよ。

なんつーか、彼らも身体能力以外は私たちと同じような弱い1個人で、
ドーピングをしていたことが極悪なことではないってこと。

必要なことは、ハッキリとした基準と、それを検査する技術と方法。
過渡期っていうのはいろんな膿が出るものだけど、
その出元である体まで断ってしまっては本末転倒だということ。

今開催されているツールドフランスにも、
かつて陽性反応が出た選手や疑惑の選手が出場しています。
それが事実だったとしても、彼らは血の滲むような努力を経て、
並外れた身体能力を得たリスペクトすべきアスリートだということ。

あなたが、制限速度30km/hの道を40km/hで走っていたとする。
その横を100km/hで追い越していった車がいたら、こう言うんじゃありません?
「イカレてやがる(not normal)

本書にはランスの横暴で凶悪な面が多くありますが、
それでも彼は多くのことを成し遂げた偉大な英雄だと思う。
(リアルタイムではあまり見ていないのが残念でならない)

にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
関連記事

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://xroad99.blog76.fc2.com/tb.php/280-38ace462
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告



プロフィール

kotaro

Author:kotaro
from 西東京市


ski
field 戸隠、かぐら
materials
 ⑨K2 Pinnacle 95(16)
 ⑧HEAD i.SuperShape Speed(15)
 ⑦VOLKL RTM77(13)
 ⑥VOLKL CODE SPEEDWALL(13)

cycling
field 多摩湖、荒川、尾根幹、名栗
bike
 ④GT GRADE ALLOY(15)
 ③Cannondale SuperSix EVO(14)
 ②FELT F85(11)
 ①プレシジョンスポーツ(10)

other site
 多摩の坂
 大東京ヒルクライム!
 CHARI×MONO
 SKI×MONO



最新記事



最新コメント



カテゴリ



月別(表示数指定)



リンク

このブログをリンクに追加する



にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。