Cross×Road
スポーツサイクル初心者によるサイクリング日記・・・のはずだったけど冬場はスキー日記になりそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯沢高原・・・ちっちゃ!(2012-13シーズン23日目)
東京でも春の陽気に桜の開花・・・
世間一般ではいい季節なんでしょうが、
スキーヤーにとっては物悲しい季節がやってきてしまいました。

今シーズンはかなり滑りに行っていますが、
まだまだまだまだまだまだ滑り足りたとは言えず、
いろんなことがまた半年後に持ち越されてしまうんだなーと
さみしい限りです。

さて、新幹線スキーヤーの嗜みとして、
越後湯沢周辺のスキー場はかなり行っています。
そんな中で、抜群のアクセスのよさとソコソコの知名度でありながら
行っていないスキー場が残っています。

湯沢高原スキー場

・越後湯沢駅から徒歩8分(本日の実測)
・ガーラ湯沢とロープウェーで往来できる
・ロープウェーで上った高原エリアは標高が高く、湯沢エリアとしては良好な雪質
・びゅうのツアーにも常に載っている

の割りには地味な存在(ですよね?)
この謎を解き明かさねば!
(ま、想像はつくけどね)


いつものとおり朝イチの新幹線で越後湯沢に到着。
20分ほど待たば無料シャトルバスが来ますが、徒歩で向かう。
基本的に待つのキライなんです。
歩いていける距離なのは先々週に確認済だし。

10分経たずに到着。
20130323-01湯沢高原
大きな荷物を考えると、徒歩圏と言い切るには微妙かもしれません。
が、1日10キロ20キロ当たり前のように歩く
アルキストのワタシにとっては歩いて当然の距離です。

ちなみにこれだけ越後湯沢駅に近い湯沢高原ですが、
最チカは別にあります。
一本杉スキー場
湯沢高原に向かう途中で左に入るとあります。
駅から徒歩3、4分てところかな。
リフト1本だけのファミリー向けスキー場。
ツアーパンフにも登場せず、スキー場ガイドにもスルーされがちで
あまり知られていませんが。


さて、湯沢高原の話に戻ります。
さっきの写真の建物がロープウェイステーションになっていて、
1階にはロッカーや更衣室があります。
ちゃっちゃと着替えると、ロープウェイの検札を始めますとの放送。

およ・・・営業8:30からじゃなかったっけ?
(このとき8時前)
公式HPなんかの情報より早いです。

日本最大級とのフレコミのロープウェイに乗り込んで、
高原エリアに上がります。
(みつまたと大体同じくらい)

山麓は小雨でしたが、高原エリアは小雪。
この標高差は大きいですねー。

上のリフトも動いていたので、早速1本。

もう1本。

うん!飽きた(笑)

いやね、ちっちゃいんですよw
しかもこの日は大会でメインのキスゲコースの幅は半分以下。
20130323-02規制

数本滑っているうちに
山頂リフトが動き出したので、そちらへ移動
20130323-03山頂
なかなかいい中斜面ですが、いかんせん幅が狭い。

逆に考えるんだ。
小回りの練習には最適だと。

結局、この日は8割方ここで小回りをしていました。

ここで総括。
この立地になのにマイナーな理由ですが、
「ちっちゃい」「雰囲気が地味」「パークとかがない」
こんなとこでしょうか。
立地のよさも、他のスキー場がシャトルバスを出したり
町内巡回バスがあれだけ出ていると薄まってしまいます。
ガーラと接続していますが、三山共通券ならまず石打丸山に行きますよね。

施設は手堅く不足ありませんし、
リフトも遅くない。
高原エリアのコースはそこそこの斜度がある。
週末なのにリフト待ちがない。
もしかして、練習には最適なんじゃ。。。
来シーズン通わせていただくと思います。
アサマはアクセス悪いしね。


ホントね、ガラガラでしたよ。
朝イチのロープウェイこそ窮屈でしたが、
上でのリフト待ちはほぼゼロ。相乗りすらないほとんどないレベル。
コース上もごく一部のせまーいところを除けば、
人が気になるシーンはありませんでした。

レストハウスから撮った写真ですが、多くてもこれくらい。
20130323-04すいてる

さて、お昼ご飯はエーデルワイスでメンチカツ・コロッケの定食
20130323-05昼食
ゲレ食としては十分合格の美味しさ。

昼食後はいったん下山コースを降りてみることに。
この下山コースがなかなか恐ろしいコースでした。
極端に狭く、崖側が急な上に見えるのが湯沢の町。
20130323-06下山コースから
右上に見えるのが越後湯沢駅です。
視界がよくて、ほとんど人がいなかったらよかったものの
視界不良だったり人が多いと滑落者が出てもおかしくない。。

山麓部の布場エリアは、高原エリアとは違い
ファミリー向けのゆるーーい斜面。
20130323-07布場1

でもって、布場エリアも2つに分かれているわけですが
その2つを移動しようと思ったところ・・・
20130323-08布場の道
板を外して道路を渡らないといけないとです。
まぁこういうスキー場はは他にもあるけどね。

布場エリアのもう1方
20130323-09布場2

この後またロープウェイで高原エリアに上がって、
山頂ばかり滑っていました。
数本で「飽きた!」とか思ってたくせに、
結局は昼食以外ノンストップ、15時半まで滑り込みました。
思うところもあるので、来シーズンは通うことになりそうです。


にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

コメント

はじめまして!
私も子供の頃つまらんゲレンデ!って思って避けてきたココ湯沢高原。
久々に訪れて…
週末なのに、ま~ったり、の~んびり楽しめることに気付き、
いつしかシー券買うようになってました(^o^)丿
ぜひぜひ来シーズンは下山コースの松明滑走に参加してみたはいかがでしょう?
[2013/03/26 22:36] URL | じゅんじゅん #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
じゅんじゅんさん、はじめまして。

小さなスキー場にも小さなスキー場なりの
よさ、楽しみ方がありますよねー。
今回は規制もあって滑れない場所もありましたが、
味わいのあるスキー場だと感じました。

>>松明滑走
そんなのがあるんですか?!
夜に狭い下山コースはかなり危険な気がしますが・・・^^;;
調べてみまーす。
[2013/03/26 23:40] URL | kotaro #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://xroad99.blog76.fc2.com/tb.php/155-1731887f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告



プロフィール

kotaro

Author:kotaro
from 西東京市


ski
field 戸隠、かぐら
materials
 ⑨K2 Pinnacle 95(16)
 ⑧HEAD i.SuperShape Speed(15)
 ⑦VOLKL RTM77(13)
 ⑥VOLKL CODE SPEEDWALL(13)

cycling
field 多摩湖、荒川、尾根幹、名栗
bike
 ④GT GRADE ALLOY(15)
 ③Cannondale SuperSix EVO(14)
 ②FELT F85(11)
 ①プレシジョンスポーツ(10)

other site
 多摩の坂
 大東京ヒルクライム!
 CHARI×MONO
 SKI×MONO



最新記事



最新コメント



カテゴリ



月別(表示数指定)



リンク

このブログをリンクに追加する



にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。