Cross×Road
スポーツサイクル初心者によるサイクリング日記・・・のはずだったけど冬場はスキー日記になりそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありえないサイドカットパンクに途方に暮れた
ジテツウの途中、ありえないサイドカットパンクに襲われました。
場所は青梅街道沿い、丸の内線の新高円寺と東高円寺の中間あたり。

パンッ!という大きな破裂音と路面からの衝撃で、パンクということはすぐにわかった。
ブレーキを掛けて停車、押して歩道に上がり、近くの路地で修理開始。

え!!!!?これは・・・

20160805-1.jpg
ただのパンクならともかく、ここまでタイヤが裂けるのは想定外。
ふつーサイドカットって大きくても1cmとかじゃ。

どうしよう・・・

眩暈がしてくる。
パンク等を想定して多少のマージンは取っていますが、こうなると遅刻は確定。
いや、そもそも走れるようになるのか?

丈夫なはずのコンチ4Seasonのサイドが約10cmに渡り裂けている。
裂けた周辺部も筋状にダメージがある。
20160805-5.jpg

都市部なので自転車屋さんは近くにありますが、開店している時間ではありません。
さて、どうしたもんだか。

チューブは真っ二つ。予備チューブはあるのでそれは大丈夫。
タイヤ補修用に布テープを持っています。
20160805-2.jpg
布テープをタイヤ裏側に貼ってみる。
しかし、ここまでのカットは想定していないので20cm程度しかなく、
貼った時点で足りてなさそうだなーとは思いました。
走り出すと案の定、空気圧に押されてすぐにタイヤがボコボコに。
またすぐにパンクしそう。

近くのコンビニで布テープを購入。
タイヤの裏側からビード・表側まで覆うようにして、周囲も補強するように貼りまくり。
20160805-3.jpg
路面に触れる部分にもテープがあるのでペタペタするけど、
裂けた箇所がボコボコにはならなそう。
それでも不安なので空気圧は低くして、20km/hまでの低速走行。
なんとか10km走って自宅まで戻ることができました。


パンクの原因ですが、正直わかりません。
路面からの衝撃はありましたが、大きな段差や障害物はなかったように思いますし、
むしろパンクしたことによる衝撃だと思います。

怪しい点が1つ
20160805-6.jpg
写真ではわかりにくいのですが、左側サイドにダメージがあります。
裂けたのは10cmですが、こういう痛みが35cmに渡ってありました。

このタイヤは昨年12月から、FELT F85で使用していたもの。
街乗り・通勤用のF85には、BB装着型のキックスタンドを付けていました。
しばらく様子を見てタイヤに干渉しなそうだと思い使い続けていたのですが、
なんらかの衝撃をうけて撓んで、タイヤサイドに接触し傷をつけた。
で、裂けかけていたところに空気圧で裂けてパンクしたと。
こう考えれば激しすぎるサイドカットも、裂けていない部分の傷の理由もつきます。


教訓
・BB装着型のキックスタンドは、相当のクリアランスを取らないとタイヤを傷つける
 (自分は今後使わないと思います)
・布テープは大量に持つ。タイヤブートより大量の布テープの方が対応できることが多い


にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

スポーツサイクルライフで初めての大きな怪我
ロードバイク・クロスバイクに乗り始めてから6年ほど、
幸運にも大きな事故や乗れなくなるような怪我とは無縁でした。
せいぜい、落車での軽い打身・擦傷際どい接触くらい。

今回、初めて大きな怪我をしてしまいました。
しかも走行中の事故や落車ではなく、メンテナンス中の事故;

数日前の夜、新車GRADE号のペダルを交換していたんですね。
付属のペダルはデキのよろしくないトゥークリップタイプ。
トゥークリップを外して使ってみましたが、
踏面が片方なので、逆側を踏んでもたつくことが多い。
使いにくいので、踏面が両方&広い中古の安ペダルを購入。
重くはなりますが、あまり重量を気にするバイクでもないし。

左が付属ペダル、右が新しいペダル
20160716-1.jpg

右側のペダルを外そうと、ペダルレンチを掛けて力を入れる。
外すときはクランクとレンチを合わせて握るようにするのがコツなんですが、
なかなか外れず、握らず体重を掛けて回してしまったんですね。

あれ~なんか違うような気がするなあ。
この角度で回ると危ないような。。。。


なんてことが頭の中によぎったとほぼ同時にレンチが回り始め、
ペダルが緩む感触と同時に、右手にチェーンリングがあたったことが分かりました。

見ると右手の小指、第二関節と第三関節の間から、
じわっと血が溢れてきており、皮膚が深くえぐれている。
一目でかすり傷じゃないことがわかりました。
急いで洗面所に移動、大声で嫁さんを呼び傷口を水で洗って止血。

怪我直後は麻痺していることもありますが、
痛みはそれほどではなく骨までいっていることはなさそう。
チェーンリングに付着したオイルや汚れが気になりますが、
購入直後なのでそれほどはないかな。
傷口の大きさはだいたい500円玉くらい(幅は半分くらい)。
皮膚がえぐられ中から生レバーのような色の肉が露出してしまっている。
写真は撮りましたが、思いっきりグロ画像なのでアップできないw

あまり使わない小指、痛みはそれほどではなく
仕事への影響がなかったのは不幸中の幸い。


数日経ってから医者にいったところ、
めくれた皮膚が丸まって中に入り込んでいるので着き難いということで、
ピンセットで伸ばして張り合わせる処置を受けました。
傷口をいじられると流石に痛い;;
麻酔も縫いもしないので手術には当たらないそうです。
病院にはすぐにいくべきですね、反省。

当然ながら運動はNG。
せっかくの三連休、新車購入直後でグラベルタイヤやらなにやら
届いたのに乗れないのは残念すぎる。

翌日診せに来なさいとのこと。
帰宅して気付いたけど、明日日曜なんだけど??

(追記)
翌日診てもらったら、けっこうくっついていてビックリ。
生きた組織が残っていれば、それを上手に使うと修復速度が全然違うんですね。
怪我をした翌朝に病院に行っていればなあと後悔。
休みの日にわざわざ診てくれたお医者さんに感謝です。

(さらに追記)
怪我から12日、最初の通院から9日目にテープやら包帯やらを外したら
見事にふさがっていました。
傷跡はハッキリわかりますし、皮膚に少し違和感もありますが、
包帯を巻かないでも問題ない程度まで回復しました。
傷跡があまりにも・・・なので、隠すためにしばらくは巻きますが。

「自転車に乗れなくなるような」と書きましたが、
幸いあまり使わない小指で、骨や神経には達していなかったので痛みは少なく、
怪我後5日目には軽めのライド、11日目には都民の森と
意外と早く自転車復帰できてしまいました。


にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

4年ぶりの落車を振り返る
2015年を振り返って「落車もなく」なんて書いたら、ジテツウ中に落車しました。

最初の落車はプレスポ時代の2011年の1月、
その半年後ロードに乗換えビンディング初日に2回
その年の秋か翌春に荒川で砂で滑って落車した記憶があります。
実に4年振りの落車、反省と再発防止のために振り返ってみます。


場所は、武蔵境通りと人見街道の交差点。
武蔵境通りを南下してきて、信号待ちで停車。
前に止まっていた車の1~2m後ろに止まったはずです。
青に変わり半立ち漕ぎで走り出しながら、後続の車を確認しようと右後ろを振り返る。
車を先に行かせようと、合図のために右手をハンドルから離す。
振り返った顔を前に向けたときに、左に寄りすぎて縁石にすりそうなことに気付き、
右に寄ろうという意識と、右には車がいるという意識が交錯したのだと思います。
右手が離れていたこともありバランスを崩す。

バランスを崩した後は、「右はヤバイ!!」と体を左に倒し、
縁石の中、芝の上にゆっくりと倒れていきました。
20160111-0.jpg
画像はストリートビューのものですが、青い杭の手前が倒れた場所です。
倒れながら「少し先だったらアレに当たって怪我したな」と思いつつ真横に倒れ、
頬に草が当たりました。

起き上がりながら、まずは体の状態を確認。
頭は打っていない、脳震盪やムチウチになるほど揺らされてもいないだろうう。
地面に落ちた左の腕肩膝も痛みはない。
続いて自転車を確認。STIは曲がっていない。
20160111-2.jpg
リヤディレイラーに草が巻きついているけど、特にダメージはなさそう。
後輪を浮かせて、シフトチェンジとブレーキの動作を確認。

結局、オーバーパンツが汚れたくらいで人車ともに無事。
20160111-1.jpg
不幸中の幸いでした。


原因はなにか。
(1)速度が出ていない不安定な状態で振り返ったこと
(2)半立ち漕ぎで振り返った状態のまま片手になったこと
(3)左に寄りすぎていたこと

(1)は仕方ない。
信号待ちからのスタート時は、車を先に行かせてから走り出すこともあるけど、
道路状況や台数によって、出来なかったりやってらんなかったりする。
左に寄りすぎるクセはあるので注意しようと思う。
けど、この場合は左端に止まってからの走り出しなので、仕方なかったかもしれない。
振り返った半立ち漕ぎの状態で、後ろを振り返って、
右手をハンドルから離しながら顔を前に向けたことが一番の原因かな。
「振り返る→ハンドルに手を置いたまま前を向く→腰掛ける→合図をする」の順なら、
バランスを崩さなかっただろうし、崩しかけてもリカバリできたはず。
油断としかいいようがない。気をつけよう。

しかし、今振り返ると
フラペだし速度出ていなかったのだから足着けばよかったじゃないか
と思う^^;


ちなみにこの日、休日出勤で数時間作業の予定でしたが、
想定外のトラブルが発生し、ホテル泊まりで翌昼帰りになってしまいました。
睡眠は十分取れたので自転車で帰れましたが、悪いときは色々と続くものです。

にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

事故・・・油断大敵です
日曜の坂巡りライドの道中のこと。

場所は片側3車線の大きな通り。
目の前に信号と横断歩道があり、信号待ちの歩行者が3~4人いました。
車通りはほとんどなし。
自分は35km/hくらいで走っていて、青なのでそのまま直進。

と、そのとき!!

信号待ちしていた男子高校生が、
すぅーーーっと渡り始めるではありませんか

エ!?

「おおぉーーーーーい!!!」
声を出しながら、フルブレーキング!!!

最後は、右に避けるか左に避けるか(彼視点では前か後ろか)
のお見合い状態になり、
ほぼゼロ速度で前輪と彼のバッグがコツン。

信号無視の自覚はあったようで、
ひたすら「ゴメンナサイゴメンナサイ」と謝られました。
お互い怪我はないことを確認して、その場はおしまい。
自転車もチェーン落ちしたくらいで無事。


非で言えば、信号無視した彼にありますが、
自分にも油断がありました。

狭い道では信号待ちの飛び出しも想定しているつもりです。
歩道の切れるところでは、自転車の飛び出しは想定しています。
(先日の荒川DNFではそれで避けられました)
しかしあれだけ大きな通りでの信号無視は、想定していませんでした。

おそらく彼は最後に車が通った後に、確認して渡り始めたはずです。
自分を見過ごしたのか、自転車だからそんな速くないと思ったのか、
その予兆動作を確認できていませんでした。
7時と十分明るい時間でしたが、見過ごしたのであれば
前照灯を点けていれば認識されていたかもしれません。
日が出てもライトが認識できる明るさの間は、
ライトをつけたままにしようと思います(今も尾灯は1つ点灯)
信号待ちの人がいたら、もう少し道の中央よりを走る
・・・うーん、これは別のリスクがあるか。減速すべきでしょうね。

しかし、ブレーキが間に合ってよかった。
相手がガタイがよくて若い彼でよかった。
右にバッグを持っていてくれてよかった。
1つ間違えば大惨事でした。


にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

巻き込み事故
最近、チェックしているblogで事故報告が続いていたので、
自分も気をつけないと、と思っていたのですが、
先ほど巻込みをもらってしまいました。
幸い、体との接触や転倒はなく全くの無傷です。

現場は、車道と歩道の境のない、車2台がなんとかすれ違えるくらいの道。
夕食の帰り、ママチャリで走っていると右側をタクシーが追い越してきました。
追い越し切る直前、私の体と後輪が並んでいるくらいだったと思います。
タクシーの前が一瞬明るくなった?かと思うと、細い路地に向けて左折してきました。
20110923-2.png
並んでいる状態なので、完全にはよけきれず
2回ほどこちらの前輪が、後輪とドアに接触。

追い越してすぐに左折する車、意外といるんですよねぇ。。。
ホント困ったものです。
横でウィンカーだしてもわからないっつーの!
お店があったり、大きな道なら警戒しますが、
直前にならないとわからないような細い路地なので無警戒でした。
もう暗い時間なので、ミラーを確認していればライトで気づいたハズなのですが。

怪我はナシ、自転車も見たところダメージはなく、
あってもスローパンクやホイールのダメージ程度だろうということで
氏名・電話番号と会社を確認して、おしまいにしました。

しかし、7月のヒヤリのときもそうでしたが、
社用車で「急いでる」ときなんですよね。
今回もお客さんから呼ばれて急いで向かう途中だったらしく、
連絡先を控えている間、そわそわしていました。

仕事で運転する人は、ふつうの人以上に気をつけて運転してほしいものです。


にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

ハジメテの落車
1ヶ月無更新の広告が出てしまった^^;

えー、寒さのあまり自転車サボリ気味です。
年末年始も走りに行こう行こうと思い、
5時に目覚ましセットするも、二度寝三度寝の毎日。
ようやく出たと思ったら、途中でヒザが痛くなりUターンとか。

今日こそ初走りするぞーと思い、6時に起床。
ビューン!ビューン!という大きな風の音。
一気に走る気down....

2度寝ののち、
冬は理由作ってたら走る日なくなるわな、
とようやく出発。

おー…寒!
とはいえ、上とグローブは一応冬用なので、まーなんとかなる。
しっかし、強風はキツイ。
荒川の規則正しい向かい風もしんどいけど、
横風、突風はスピード出ない上にあおられて怖い。

こりゃ飛ばせないなー
と、ゆっくり目で多摩湖自転車道を進む。

小平の駅前ロータリー、
左右を確認して走りだそうとしたその瞬間、
突風でバランスを崩し…あれ?れれれ?!
気がついたら地面転がってました^^;;

う…ん…
アタマ打ってない、
立てる、
クルマ来てない、
手と膝は痛いけど骨や靭帯はいってないな、
プレスポくんも大きなダメージはなさそう。

意外と冷静なものですね。

邪魔にならないところまで移動して再確認。

どうも右斜め前に落ちて、
右手をついてから、左腕と両膝が落ちたらしい。
最初についたのが、ちょうどグローブの衝撃吸収材らしく
怪我らしい怪我すらなし。

走るのに影響なさそうなので、ポタリング続行。
かるーく、多摩湖1周してうどん食べて来ました。

多摩湖から見た富士山をパシャリ
20110110.jpg

しっかし、段差や濡れた路面ならともかく、
風くらいで落車してしまうとはね。
油断しちゃいけないなーと思いました。
今回はなんともありませんでしたが、
車が来ていたり、落ちる角度が違えば大変なことに
なってましたからね。

ヘルメット&グローブ&ウェアなんかのアリガタミも
よーくわかりました。
タイツの薄い布1枚でもけっこー違うもんだ。


本日の走行距離:37.37km

10月の月524kmから、11月340km、12月145kmと減速ぷりが激しい。
本来のペースに戻ったとも言いますが。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用



広告



プロフィール

kotaro

Author:kotaro
from 西東京市


ski
field 戸隠、かぐら
materials
 ⑨K2 Pinnacle 95(16)
 ⑧HEAD i.SuperShape Speed(15)
 ⑦VOLKL RTM77(13)
 ⑥VOLKL CODE SPEEDWALL(13)

cycling
field 多摩湖、荒川、尾根幹、名栗
bike
 ④GT GRADE ALLOY(15)
 ③Cannondale SuperSix EVO(14)
 ②FELT F85(11)
 ①プレシジョンスポーツ(10)

other site
 多摩の坂
 大東京ヒルクライム!
 CHARI×MONO
 SKI×MONO



最新記事



最新コメント



カテゴリ



月別(表示数指定)



リンク

このブログをリンクに追加する



にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。