Cross×Road
スポーツサイクル初心者によるサイクリング日記・・・のはずだったけど冬場はスキー日記になりそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧機ユニティで富士見パノラマ(2013-14シーズン16日目)
びゅうで騙されて(?)、湯沢に行くつもりが富士見パノラマに行き先変更の続き。
忙しくて更新できなかったので、10日前の記事です。

今期4回目の富士見パノラマ、第2ホームになりつつある。
大雪直後の前回とは違って、駅前の雪は少なくなっていました。
天候は晴れ。さすが晴天率85%、晴れどきどき富士見パノラマというだけあります。

富士山も見えました。
20140309-2.jpg
写真だとわかりにくいですが。


さて、この日の相棒は旧機Unity-EX
20140309-1.jpg
実に9シーズンの付き合い。
試乗を含めると10シーズン目、本当に長い付き合いです。

やっぱりずらしやすさ、操作性はピカイチ。
ホントいい板です。
しかし、フジパラの足にくるコースでは、
振動吸収のいいフォルクルとの差も大きく感じます。

狭いコースで、さらにこの日は人多めだったこともあり
ほとんど小回りをしていたのですが、
途中でストックの長さを1センチ短くしたところ、
かなり滑りが変わったように感じました。
さらに1センチ短くしてもOK。
小回りって、ストックの長さで結構変わるものなのね。

さて、次は試乗会

にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

びゅうで帰りの新幹線が21時まで満席と言われたんだけど・・・
明日の日帰りスキーは、
湯沢の行ったことがないスキー場、湯沢中里を開拓しようと
お昼すぎにびゅうで予約。

新幹線は往復ともえきねっとで席まで確認しておいて指定。
往路は取れたけど、復路が15時前から21時まで埋まっているとのこと。
えぇぇ!?家で見たときは、そこまで埋まっていなかったんだけどなぁ・・・
指定だけでなく、グリーン車も満席。
ピークタイムはともかく、21時までなんてそんなことあるの???

その状態で上越新幹線の自由席はカオス間違いなしなので、
ツアーは止めにして、フジパラに行き先変更。

家に帰って、えきねっと見たら普通に空き有。
びゅうだし、前日予約なんていつもやっていることだし、
他社ツアーのように確保した席を返したとかはないハズ。

なにをどう間違って確認したんだろうか・・・
ま、いいけどさ


にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

戸隠2日目もガスガス(2013-14シーズン15日目)
戸隠2日目

朝は曇りでしたが、
20140304-1.jpg
徐々にガスってきて

午後になると、一寸先も見えないレベル
20140304-2.jpg

おかげで山頂はガラガラでしたが、
さすがにここまで来ると危険なので、
ちょっと前倒しで撤収。

初日がんばりすぎたせいでモモが筋肉痛だったし、
ま、いっかな


さて、今回の相棒はRTM77でした。
人工雪の富士見パノラマでは叩かれまくったRTM77ですが、
戸隠では叩かれることはほとんどなし。
Codeと比べると、たわみを感じることができる。
朝イチのコンディションがいい時間帯にかっ飛ばすと物足りないけど、
自分の足前にはこっちのほうがあっているんでしょうね。

今年は長野方面と富士パラばかりなので、
RTM77と湯沢の雪の相性も確かめたい。

さ、来週はどこにいこうか


にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

ガスと謎イベントな戸隠で新記録~24時間滑れますか♪(2013-14シーズン14日目)
土日両方休めそうなので、1月の3連休以来のお泊りスキー。
行き先はホームゲレンデ戸隠。

3月になったので、駅弁は冬の彩から春小町に
20140301-1駅弁
シーズンもあと1~2ヶ月と思うのと物悲しい。

本日の戸隠は、最近雨が降ったのかとけて固まった雪。
積雪165cmのわりにところどころ茶色いし、雪質はイマイチ。
天候は終日ガスガス
20140301-2ガス

しかし、時折霧が晴れることがあり、幻想的な景色も見れました。
中社パラダイスコース
コースのところだけ雲?
20140301-3パラダイス

パノラマコースからは、雲と雲の間が
20140301-4.jpg

お昼はシャルマンでのメニュー、きのこおろしそば
20140301-5蕎麦
まあ戸隠のゲレ食ですから美味しいは美味しいのですが、
1300円はお高いなぁ。お腹いっぱいにもならないし。

さて、本日の戸隠はなんだか普段と様子が違う
20140301-6.jpg
写真があるのは痛板だけですが、プーさん・ガチャピン・くまもんのきぐるみ
進撃の巨人の調査兵団のコスプレグループ、
モノスキーもやたらと見かける。

どうも、オタクスキー・スノボイベントとモノスキー祭り開催中らしい。
べ~そにあわせての開催なのかな?

リフトでご一緒したモノスキーヤーの方に話を伺ったところ、
中社の方にいくけど、よかったら乗ってみる?とのこと
モノスキー・・・前から興味はあったんですよねぇ。

しかし、とある記録が目前だったためお断りしてしまいました。

本日のスキー&リフト移動距離
20140301-7記録
初めての100km超え。
この後異常終了したので、ラスト3本と最初の1本が入っていないので、
実際は106kmくらい、滑走距離は58kmといったところ。

痛板やコスプレで滑る人の感覚はわからないけど、
これもちょっとおかしな人かもしれない。

リフト開始の8:30から滑って、お昼をリフトでとれば
130km=滑走70kmは行きそう。
24時間なら400kmか


にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

大雪の後の富士見パノラマへ(2013-14シーズン13日目)
大雪だの仕事多忙だので、
3週間も雪山に行かないまま時間が流れてしまいました。
実に嘆かわしい。

この週末も日が土曜に変わる頃になって
ようやく行けるが確定するような状況。

こんなときは、お手軽富士見パノラマに限ります。
20140223-1-鈍行
高尾発の始発列車~♪
前回と比べると空が明るい。

今回向かう先は、先日の大雪で大きな被害を受けた地域でもあります。
富士見パノラマも営業休止に追い込まれ、
木曜に営業再開したばかり。

富士見駅のホーム(写真は帰りのときのもの)
20140223-3-ホーム
黄色い線までは除雪されていますが、
ホームの中央は1m以上の雪の壁が占領しています。

富士見駅
20140223-2-富士見駅
駐車場には、今も埋まっている車がありました。

駅の外にあるトイレへの道も雪の壁
20140223-4-トイレへの道

いつもは電車が着いて10分後くらいに到着するシャトルバス、
今日は駅を出るとすでに着いていました。
「早いですね」と言うと、「道路状況がわからなかったので早く出た」とのこと。
そりゃそうだと思いつつ、ここのスキー場の意識の高さを再確認。
ゴンドラ乗り場なんかの応対も、見事なもんです。

ちなみにリフト下もこんな有様でして
20140223-5-リフト
積雪時は、搬機が埋まる状態だったと思われます。
そりゃ、営業休止になるわなぁ。
ちなみにかぐらでも、大雪の後はかぐら1高なんかが
足付きする状態になって、スタッフが掘り起こしています。
まー、かぐらは慣れたもんなので、
該当リフトの開始が1時間遅れるとかで済んでそうですが。

この日の富士見パノラマは見事な快晴
20140223-6-快晴
さすがは「晴れどきどき富士見パノラマ」見事な晴天率。
これまでの2回よりは混んでいて、若干ストレスは感じましたが、
久しぶりのスキーが楽しめました。

この日の相方はCODEでしたが、俊敏が動きを求められるスキー場とは相性悪いですね。
RTM77だと固い雪に叩かれるし。
「コース幅狭」「人多め」「固い雪」「荒れやすい」
HEADのi.supershape speedあたりがベストですかねぇ。
次回は旧機Unityでも持っていくか。

富士パラはお手軽なのはいいのですが、
滑走時間が9:30~14:00と短めで、物足りないのが悩みの種。

んーー

滑走時間が足りないならお昼を抜けばいいじゃない
ということで、本日はノーランチ、ノーレスト。

自転車なら走りながら補給するもの、
スキーはリフト・ゴンドラで、ゆっくり休憩しながら補給できます。

とは言え、補給食的なものだけじゃ寂しいので、
帰りの富士見駅でのマルセイで
レーズンバターサンドおそばをいただきました。
20140223-7-そば


にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

5度目の正直な湯沢高原は春の雪(2013-14シーズン12日目)
昨年の3月に行って「来シーズン通わせていただくと思います」
と書いた湯沢高原スキー場。

今シーズン何度も行こうと思ったのですが・・・
・初滑り→オープン延期につきかぐらへ
・年末→寒波到来につき富士見パノラマへ
・1月の3連休→宿がとれず飯綱高原へ
・1/18→多忙でツアー手配できず富士見パノラマへ

5度目の正直で、今シーズン初湯沢高原です。
(そんな大層なスキー場ではありませんが)

朝食の駅弁。
ふだんと違うものを食べてみようということで、選んだのが「チキン弁当」
デビューから50年、息の長い定番商品。
ここ10年20年で劇的に美味しくなった駅弁界にあって、
(ほぼ)昔の変わらず残っている。
食べたくさせるナニカがあるはずです。
20140202-01チキン弁当
うん・・・なるほど。アレですね。
またに、まちおかでビッグカツなんかの駄菓子が買ってしまうのと同じ。
思い出も思い入れもないワタクシにゃ、リピートすることはなさそうです。


本日の湯沢は、気温が上がり午前中雨がチラつく予報。
標高高めの湯沢高原なら雪では?という期待もあっての選択。

朝イチはどんより。
20140202-02湯沢高原
徐々に晴れ間が見えてきて、
20140202-03湯沢高原
昼前にはグサグサの春の雪。
雨が降らなかっただけヨシとするべきでしょうか。

しかし、高温の日が続いたせいか、しばらく降雪がないせいか、黄砂のせいか、
2月にしては汚れた春っぽい雪です。
ごく一部ですがストップ雪な箇所も。まだ2/2なのに・・・

ちなみに本日の相棒は、1ヶ月半振りのCODE SPEEDWALL(PLATINUM CD)
20140202-03CODE.jpg
RTM77と違い、叩かれることはありません。
ひさしぶりに乗ると、サンドイッチらしいシッカリ&シットリ感が心地いい。
RTM77の軽快さもいいけど、やっぱりこっちのほうがいいかも。

狭い湯沢高原スキー場、
この日も三本滑っただけで、ちっちゃ!!飽きた!!
と思いましたが、ノーストックの練習なんかを始めると
すいていることと、ちょうどいい中斜面、適度な斜度変化がしっくりきます。
テーマを持って練習するにはいいところだ。
しかし、キスゲの1/3くらいがポールで規制されているのは残念。
気持ちよく大回りできる場所ないじゃん。
これなら、フジパラ通いのほうがいいかも。


山頂からのパノラマコース、
斜度はゆるく滑るにはつまらないけど、名前のとおり景色が素晴らしい。
湯沢のほとんどのスキー場が見えます。

神立スキー場
20140202-05神立
休止中ですが、いい斜面を持っているだけに
来期マックアースさんでの復活が待ち遠しい。

かぐら・みつまたが見えるのにはビックリ
20140202-06みつまた
正面がみつまた、右奥がかぐら、左端は田代湖?二居?

晴れ渡っていたら海まで見えそう
20140202-07ビュー

お昼はエーデルワイスで、もち豚かつ重1300円也。
20140202-08昼
とっても美味しゅうございました。
昨年食べたメンチカツ・コロッケの定食も美味しかったですし、
ここのゲレ食はかなりレベル高いです。

お昼のあとは、ひたすら青いケシコース繰り返し。

さ、来週はどこにいくかなー


にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

フジパラとRTM77(2013-14シーズン11日目)
前日の仕事が遅くなりツアー手配ができず。
そんなときはお手軽な富士見パノラマになります。

朝切符を購入しても、往路鈍行なら湯沢日帰りと変わらないお値段。
「晴れ、どきどき 富士見パノラマリゾート」とうたうだけあって、この日も見事な快晴。
20140119.jpg
このスキー場、ファミリー層も多いのですが、
売りは何と言っても、ゴンドラ1本で楽しめる3kmのロングダウンヒル。
人工雪の硬さ、そこそこの斜度もあいまって、
たった1本で膝をガクガクにしてくれるサディスティックなコースです。
ゴンドラ待ちが長くなると楽しめなくなるわけですが、
そのあたりよーく心得ているようで、
ゴンドラ乗場では必ず、何人組か・持込の板数なんかを確認して、
窮屈になりすぎない人数で、シングレーンの人を誘導してくれます。
ここまで徹底しているスキー場は、見たことがありません。

コース数の少なさ、幅の狭さとか、
コース数が少ないので規制が入ると・・・(この日もラーチが13:00まで規制)とか
ゲレ食が高めで味微妙とか、イマイチな部分もありますが、
お手軽に日帰りできて、これなら大満足なスキー場です。

しかし、今年は結構滑り込んでいるので、
15:00のバスに合わせると全然物足りない。
次からは17:00便に合わせるかな。

さて、昨年末に衝動的に購入したVolkl RTM77(中身はPlatinum Rと同じ)
20131222-2_RTM.jpg
戸隠・飯綱・富士見パノラマで9日乗っての感想。

基本的にVolkl CODE(Platinum CD)との比較です。
・軽くて持ち運びがラクチン!(測ったら嫁さんの女性向け板より軽かった)
・軽快で取り回しが楽、板を動かしやすい
・小回り向けオールランドだけど、大回りもしやすい(R15.1だし)
・CDと比べると落ちるが、そこそこ飛ばせる
・硬い雪で、強めのエッジングで小回りをすると後半で叩かれる
・滑走面に傷がつきやすい(柔らかい?)

トップモデルの半分くらいのお値段で、
この万能さ、バランスの良さは、スバラシイの一言。

しかし、アイスバーンの小回りで叩かれるのが
どうにかできないか悩み中。
トップ側を噛ませると気持ちマシですが、本当に気持ち程度だし・・・うーむ


にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

飯綱高原スキー場のイマイチなところ(2013-14シーズン10日目)
前日に続いて飯綱高原スキー場です。

長野駅前宿泊なので7:00発のバスでGO!
さすがは三連休の中日、7:00のバスでも立ち乗りが出る盛況振り。

飯綱高原スキー場への到着は7:40頃。
リフト営業開始まで50分あります。
この日はちゃんとロッカーのある^^;ハイランドホールへ。

メインベースのハイランドホールは、
第1リフトと第3リフトの中間にあります。
第3は目の前に見えるのでいいのですが、
第1はぱっと見で歩いて行けるのかわかりにくい。
スキーブーツで歩いて数分てところでしょうか。

第1リフト前に到着したのが8:10頃。
リフト営業開始は8:30・・・早く着きすぎた。
20140112-1.jpg
見事な快晴。寒波はどこに行ったんでしょうか。

朝イチリフトに乗り込み、Bコースの1stトラックを頂きました。
誰も滑っていないピステンされたコースを滑る。
サイコーにキモチイイ!!です。

1時間ちょっとB・Cコースを繰り返したところで、
人が増えてきたので、第5リフトに移動。

お昼は、ホワイトタイムへ。
ハイランドホールの2Fに上がり、
「ここが入口」的な張り紙のある扉を開けると
学校の教室に長机とパイプ椅子を並べたような食堂。

いただいたのは、ソースカツ丼1100円也。
20140112-2.jpg
美味しいし、ご飯に対してカツが多い!
大満足です。

天気がよく気温も高めだったため、
お昼前から緩み始めて、雪はモサモサでした。
朝イチのバスで来てよかった。
お昼時も人が多く、メインの第1リフトは並ぶので
第5リフトをぐるぐる。

第5リフトを降りたところからパシャリ
20140112-3.jpg

十分に滑り込めた2日間でした。


さて、2日間お世話になった飯綱高原スキー場、
前日も少し触れましたが、マイナースキー場らしい
イマイチなところ、ツッコミどころもちょいちょいありました。
地元民のためのスキー場ということなら、今のままで十分だと思いますが、
結構な赤字経営とどこかで見ました。
ツアー客なんかを入れると、問題になりそうな点もちらほら。

まずは
●施設もコースも案内が不親切
初日の第4リフトが更衣室だけでロッカーが無いのもそうですし、
ハイランドホールからリフト乗り場への案内もみつかりませんでした。
コースの案内も目立たず分岐点がわかりにくい。
Bコースは分岐・合流点がありますが、滑っていると意識しにくく
ヒヤリとする場面もありました。
DコースとCコースの合流地点も人が多いときは、
ネットと案内で合流注意を促したほうがいいかも。
このあたり、戸隠はチャンピオンやしゃくなげの合流点は、
ネットを張る等でわかるようにしています。

●混雑したときのメインリフト
ふだんはリフト待ちがほとんどないのでしょう。
この日はそれなりに並んでいましたが、
検札所より手前にはロープが張られておらず、
どこから並んでいるの?状態でした。
混雑したときはロープを張る、シングルレーンを設置して定員乗りさせる、
コースからの合流点に減速・注意の掲示をする等したほうが、いいですね。

●スピーカーの調子が悪い
音楽が流れていますが、スピーカーの調子が悪く
バリバリと音が割れている箇所がいくつもありました。
いっそ流さないほうがいいような。

●スキーラックが錆び錆び
実用には問題ありませんが、さすがに塗ってほしいです^^;

●リフト降場のスタッフが油断しすぎ(笑;
乗場スタッフは気持ちいい対応をしてくれる人が多いのですが、
降場は、小屋の中で明後日の方向を見てタバコを吸っているシーンをよく見ました。
あれじゃ何かあったときにすぐに対応できません。

コンパクトながらも、変化に富んだ斜面や、コースバランスには恵まれているので、
ちょっとしたことで人が入りそうなだけに惜しいと感じました。
経営状態がよくなれば、レストハウスなんかの設備も改善できるし、
慢性的な雪不足も、スノーマシンがあればしのげますし。


にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

いつも素通りしていた飯綱高原スキー場へ(2013-14シーズン9日目)
1月の三連休は一年で最も混む時期、こんなときこそ湯沢高原でしょ!
と思い、越後湯沢駅近のヒトリストOKな宿数件に電話するも、空きなし。
戸隠のいきつけの宿も埋まっている。
うーん・・・と、なんとか長野駅前のホテルを確保。

ベースが長野駅前となれば、
いつもの戸隠への道中、素通りしていたアソコに行くしかない。

飯綱高原スキー場
コンパクトながらもコースバリエーションが豊富で飽きのこない、
長野中心から30分程度というアクセスのよさ、
リフト待ちの少なさ、リーズナブルなリフト代で、
地元民御用達の穴場スキー場という聞いています。
長野五輪で、フリースタイルの会場となったスキー場でもあります。
20140111_08オリンピック

ちなみにリフト代、1日券3000円、4時間券2000円。
アルピコ(川中島バス)のパックだと、1日券・往復のバス・食券1000円で3800円也。
確かに安い。

つまらなければ2日目は戸隠に行けばいいしね。

長野駅に到着すると、若干雪が舞っているものの空は快晴。
寒波来てたんじゃなかったの??

戸隠飯綱へのバス乗り場は長蛇の列。
70人ほど並んでいたようで、増便となりました。
それでも立ち乗り多数の混み混み。10年以上通っていてここまでは初めてかも。

ベースが2つあるけど、今日はサブぽい第4リフトで降りてみる。
小さな更衣室はあるけど、コインロツカーがない。
発券所の人にきくとメインベースのハイランドホールにしかないとのこと。
トホホ・・・バスで来る人はスキー場前でおりましょう。

第4リフトに乗ると、飛び込んできたのは岩岩岩
20140111_01岩
なんでしょコレ?

積雪60cmなので、地肌が見えているところもあるかなと心配していたけど、
雪量は十分で、1m以上あるように見える。
雪質も極上。魔法の粉雪のフレーズを拝借してもいいくらい。

さすがに3連休、リフト待ちナシ!とは行きませんが、気になるなるほどではなし。
コースは初心者向けから中級・上級者向けまで、
バランスよくそろっていて、棲み分けしやすいレイアウト。
足りないのはロングコースくらいかな。
こりゃ、たしかに穴場だ。

滑っている人の層は戸隠とあきらかに違います。
地元のファミリー層が多いです。
戸隠は教科書どおりの綺麗なフォームで滑る人が多いけど、
ここは昔懐かしい滑り方や我流ぽかったりと不揃いだけど、でも上手い。
リフトの上で少しお話した方も、お子さんと10年ぶりに来たとか。

メインの第1クワッドの降り場からは、長野市街が見えます。
20140111_02景色
第1クワッドからのコースは、左右にわかれていて両方とも中級者コースですが、
Cコースは初心者でも降りてこれる斜面、Bコースは上級者でも楽しめる斜面、
と間口が広くなかなかいい感じ。
距離も1kmくらいあるので、滑り応えもあります。

一方、第4リフト方面は、上級者コースが並びます。
これは里谷多英コース
20140111_03里谷
名前からコブコブかと思いきや、非圧雪でした。

初心者向けは、DコースとEコース
20140111_04ファミリー
Eコースは完全に、Dコースも半分以上は、他コースと独立したエリアになっているので、
かっ飛びスキーヤー・ボーダーに怖い思いをせず滑れるので安心です。

Eコース下のキッズパークにはへんなワンコ。
20140111_05わんこ

お昼はホワイトベルでカツカレー
20140111_06カレー
カツはサクサク、カレーも挽肉がいい味だしていて、ゲレ食としては十分合格点。
お値段は1000円也。

でも、なぜに小さな先割れスプーン?
20140111_07スプーン

昔のコースマップによると、第4の上にも行けたらしい。
いい感じの斜面が見えていたので、滑りたかったなー
20140111_09昔のコース

マイナースキー場らしく、ちょいちょいツッコミどころはありますが、トータルでは大満足。
市街からすぐ近くにこんなスキー場がある長野市民がうらやましいです。

ただ、ココ、ツアー客なんか入れてキャパを超えると、
一気に破綻しそうな雰囲気もちらほら。

つまらなければ翌日は戸隠に・・・なんてことも考えていましたが、
明日も飯綱行き決定です。


夕食は長野駅近くの、ぼっちさんで天ざる蕎麦。
20140111_10そば
お蕎麦はなかなかですが、天ぷらがいまいち。
油がよくないのか胸焼けしそう、海老の歯ごたえもイマイチ。
戸隠のレベルを期待しちゃいかんかな。


にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

お正月休みは戸隠へ(2013-14シーズン6-8日目)
お正月休みは2泊3日で、ホームゲレンデ戸隠へ行ってました。

初日の朝は吹雪で、ありゃ・・・またかぁと思ったものの
お昼頃には晴れ間も見えてきて、
2日目は快晴、3日目も雪は舞うもののいいコンディション
と天候には恵まれました。
20130102-1.jpg

さすがにお正月休みだけあって、混んでいましたね。
とは言っても、リフトは待って5分程度ですが、
お昼時のレストハウスの席を確保するのが大変。
戸隠のゲレ食ってしっかりしたもの作るから、
けっこう時間かかるんですよね。
それで回転悪くなって、混んでしまうと。
とっても、いいことなんですけどね。

滑りのほうは前回の富士見パノラマから続いて、
左外足への荷重を意識。
ターン前半に拇指丘に重みを乗せる意識で、
重みが抜けずにスムーズなターンができるようになってきました。
富士見パノラマでは、足首や上体を意識していたけど
足の指でつかむようにするといいらしい。

最近はカカト荷重カカト荷重って聞きますが、
どうしたってカカト側には重みが乗るんだから、
拇指丘側を意識したほうがいいわなあ。

初日にこんな収穫があって、2日目は数年ぶりのスクール。
検定を受ける気はあまりないけど、1級受験班てのに参加。
昨年からガラッと変わった方針や検定について教えてくれましたが、
SAJの迷走っぷりに、現場はかなり困惑しているようです。

ただ、結局は昔の方針に戻っただけなので、
最近の滑り方をよく知らない自分にとっては、
特に戸惑うこともなし。

教わったこと、指摘されたことの備忘メモ
・切替えは、内足主動は意識せず、外足→外足の交互操作でOK
 →ハイ、内足の先行意識しなくてもスムーズに切替えられますね^^;
・ターン前半は外足を外に動かしていく意識、
 体から板が離れることでエッジが立ってターンが始まる。
 →これまで、分かっていたようで分かっていなかった。
  このときに体も一緒に移動していけば、ズレ多めになる。
  また、カカトからずらせばターン弧が小さくなる。
・切替直後に体を内側に倒しこむことがある(外向傾が足りない)
・肩のラインがぶれることが多い
・小回りは、もっと上下動を使って強いエッジングをしたほうがいい

最後の2つは、自覚が全くなかった。
昔よく指摘されていたストックワークや
左外足については指摘されなかった。

20130102-2.jpg
最終日は嫁さんにスマホで動画を撮ってもらった。
自分の滑りを見るのも1年以上ぶり。
上手くなったかと思ったら、前とあまり変わっていなくてガッカリ。
スクールで指摘されたとおり、小回りはエッジングが弱い。
自分では、板をかなり横に向けていると思っているけど、
全然で、もっと横に向けて強くエッジングしてよさそう。
大回りは内足の処理はよくなったけど、
板の前後差が目立つし、切替時に上に抜いてしまうことがある。

うーんな感じだけど、スクールに入って指摘を受けたり
動画を撮ってもらって、自分の滑りを客観的に見るのは
必要だなと実感。

検定どうするかな。
もし受けるとしたら、サッパリなコブを克服しないといけない。


にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ



広告



プロフィール

kotaro

Author:kotaro
from 西東京市


ski
field 戸隠、かぐら
materials
 ⑨K2 Pinnacle 95(16)
 ⑧HEAD i.SuperShape Speed(15)
 ⑦VOLKL RTM77(13)
 ⑥VOLKL CODE SPEEDWALL(13)

cycling
field 多摩湖、荒川、尾根幹、名栗
bike
 ④GT GRADE ALLOY(15)
 ③Cannondale SuperSix EVO(14)
 ②FELT F85(11)
 ①プレシジョンスポーツ(10)

other site
 多摩の坂
 大東京ヒルクライム!
 CHARI×MONO
 SKI×MONO



最新記事



最新コメント



カテゴリ



月別(表示数指定)



リンク

このブログをリンクに追加する



にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。