Cross×Road
スポーツサイクル初心者によるサイクリング日記・・・のはずだったけど冬場はスキー日記になりそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次のタイヤはどれにしよう
今使っているタイヤはシュワルベ・ワン。
そろそろスキーシーズンだし、来年の初夏まで持ちそうだけど、
次のタイヤはトラブル対策で早めに用意しておきたい。
セカンドバイクのお下がりタイヤもそろそろ限界だし。

実際はシュワルベ・ワンの性格もわかったので、
「次は何にしよう」と考えるのが楽しいってのが正直なところかな。

で、候補を考えてみた。

1.Continental Grand Prix 4000SII
2.Michelin PRO4SC
3.SCHWALBE ONE

耐久性&軽快感のGP4000Sと、もっちり&乗り心地のPRO4のド定番2つ、
PRO4の乗り心地そのまま、もちもち感を引いて、代わりに耐久性を足したシュワルベ・ワン。
3つとも性格は違う良タイヤです。

しかし、GP4000SもPRO4も以前よりお高くなっており、
シュワルベ・ワンはもともと1足8000円という暴力的な価格設定。
(通販だと並行輸入品でPRO4と同じくらいですが)

それに、やっぱり別のタイヤを味わってみたいよね

てことで、浮かんだのがIRCこと井上ゴムさんのタイヤ。
実売2足でASPITE8000円、ROADLITE6000円ちょいとお手心価格。
ただ、評判を見ると乗り味とはめるのが固そう。
安いしROADLITE 25cはセカンドバイクのタイヤ候補に残しておこうかな。

ブリジストンもサイトを見てみたけど、R1X/R1Gは軽いけどお高い、
RR2Xはお手頃価格だけどちょっと重そう。
Vittoriaもなんか昔より高くなっているし。

で、いろいろサイト見てたら意外なメーカーのタイヤが
4.GIANT P-SLR1 TIRE
200gと軽い。
通販の取扱いはみつけられなかったけど、定価でも2足8000円ほど。
ネットでのインプレがみつからないのが不安でもあるけど、
GIANTのモノは信頼してもいいイメージ。
むしろブロガー的には美味しい。
CannondaleのバイクにGIANTのタイヤ?というのはあるけど、今のところ最有力候補。


にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

ミシュランPRO4SCが逝き、シュワルベ・ワンの出番がやってきた
昨日の物見山ライドの後、
お掃除をしていたらフロントタイヤに大きな穴を発見。
もとからあった穴でちょいちょい補修していたのですが、
さらに大きくなったような。。。。

よーくみると、中からチェレステが覗いています。

空気を抜いてー
20150814-6穴

裏側を見るとケーシング貫通。
20150814-7穴
この状態で、よくパンクせずに持ってくれたものです。

先日のリヤに続いて、フロントもPRO4SCがおじゃんになりました。
走行距離は、フロント2163km(1年)/リヤ1616km(10.5ヶ月)
耐久性は低いといわれるタイヤですから、こんなもんでしょうか。
乗り心地はとてもいいけど、お財布には優しくないタイヤでした。

で、タイヤ交換になるわけですが、
手持ちのタイヤはEVOについてきたシュワルベ・ワン。
なかなか評判のいいタイヤです。
前後まとめて交換するか迷いましたがが、リヤのほうが磨耗が早いので
フロントだけ先に交換することにしました。

取り出してみたら、イージーパッチしたチューブだったのでそれもまとめて交換。
イージーパッチで1500km以上走っていたようです。
これまた持ってくれたものです^^;


気が早いですが、この後のタイヤをどうするか迷います。
・コンチネンタルGP4000S2 : 耐久性◎、キビキビ感、ラテックスチューブとの相性△
・ミシュランPRO4SC : 乗り心地◎、耐久性△
トラブル対策で早めに用意するつもりですが、うーん・・・迷う。

にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

ラテックスチューブが病気?になりました
EVO号グレードアップ・プロジェクト、最後の大物が届きました。

コレや
20150527-1.jpg
コレについては
20150527-3.jpg
後日詳しく書くつもり。

せっかく届いたんで、
早速スプロケつけてタイヤ・チューブ交換したのですが。。。
20150527-2.jpg
後輪に入っていたラテックスチューブだけ、
1/3くらいでしょうか、デコボコのラインができています。

さわってみた感じ、デコボコのところは薄くなっている。。。
突然バーストなんてされちゃかなわないので、新チューブに交換。

ラテックスチューブはだんだん伸びるなとは気づいていましたが、
使い続けるとこうなってしまうんすね。

にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

そして Michelin Pro4 SCへ
先日のパナTypeDヒビ割れ事件により、
今年3本目のタイヤ購入となりました。

早ければ土曜に届くかなーと思っていたのですが、
到着は本日火曜のお昼。

コンチGP4000S→パナTypeDと来て、お次はMichelin Pro4 SC。
GP4000Sと並ぶ定番タイヤで、乗り心地のよさが評判のタイヤです。
逆に耐パンク性能や耐磨耗性はあまり期待できないとか。
チューブは同じくMichelinのラテックス。

んーー
パッケージもタイヤも随分と地味なんね。

GP4000SやTypeDはオレンジが入って格好良かったので、ちとがっかり。

お次は重量測定

カタログどおりの200g

で、タイヤはめはめ作業になるわけですが、思ったより硬い。
TypeDのような絶望的な硬さではないけど、なかなかすんなりとははまってくれない。
なんで、卸したてのタイヤってこんなに硬いんでしょうかね^^;;
多少苦戦したもののインストール完了。
空気圧は取説に従い7.5bar(前輪は7bar)

ちなみに今回は前輪後輪ともに変えてしまいました。
前輪につけていたGP4000Sは何かあったときの予備になります。


まだお昼過ぎ、せっかくだし乗り心地を確かめたい。
とりあえず1発目は近場の多摩湖へ。

まずは漕ぎ出しの軽さを確かめる。
うん、軽い。GP4000Sとは質の違う軽さ。
GP4000Sはキビキビとした挙動で軽く回るという感じだけど、
Pro4は滑らかに加速して気がつけばスピードが出ている。
重さ軽さを感じさせない軽さ。

スキーで言えば、GP4000Sはフォルクルやブリザードの加速感で
Pro4はオガサカやKEI-SKIの加速感。

加速性はいい勝負なんじゃないでしょうか。
(ちなみに空気圧は、GP4000S 8-8.5bar /Pro4 7.5bar)

路面からの突き上げは、明らかに優しくなりました。
GP4000S + ラテックスチューブでも乗り心地はいいけど、
キビキビのGP4000Sにマイルドなラテックスで、どこかアンマッチでした。
Pro4 + ラテックスはマイルド&マイルドで、もっさりになるのかと思いきや
路面からの突き上げは1枚なにかを引いているように優しく、
それでいてもっさりさはなく軽快で、不自然さのない見事なバランスです。
スキーで言うとフォルクル板のギャップ吸収(あれはシステムビンディングのおかげらしいですが)

全体的に乗っていて気持ちいいタイヤですね。
心なしかブレーキをかけたときの挙動も、なんだかいいような。

乗ってみての感想としては、GP4000S以上に大満足。

不満&不安な点がないわけでもありません。
まずは、見た目

黒と白の単調な色使いで地味です。
地味なシマノホイールに地味なタイヤ・・・
カラバリあるけど、濃い目の緑ないし。次買うなら白かアイボリーかなあ

グリップについて、基本的にはGP4000Sと同程度かと思いますが、
2回ほど上りで踏んだときに思ったより膨らみました。
下りでは感じなかったので、油断かもしれません。
また、溝の全くないスリックタイヤなので、ウェット路面が少し不安。

あとは、よく言われている耐パンク性能と耐磨耗性の低さ。
耐磨耗性は、乗って年3000km程度の自分にはちょうどいいくらいかもしれません。
耐パンク性能は、乗り続けてないとなんとも言えませんね。

まー、今日の時点では大満足だったということで。





自転車 FELT F85
走行距離 34.90km
通算距離 8813.67km

にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

走ろうと思ったらタイヤがががが・・・パナTypeD短い付き合いだった
ちょいとサボリ気味でしたが、
涼しくなったし荒川を走ろうかなーと思い早起き。
空気を入れて・・・ん?!

20140915.jpg

後輪に大きな切れ目。
前回走った後は気付かなかったなぁ。
暗い玄関で掃除したからか気付かなかったのか、保管中に割れたのか。

どっちにせよ、今日は走れない。

ガーミン様もサポートと何度かやりとりしたけど、
要修理ぽいし、しばらく走れないなら出してしまうか。

しっかしTypeD、300kmしか走ってないのに。。。
短い付き合いだった。


にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

空気圧を9barに上げて、夕暮れの多摩湖へ
台風明けで風強めでしたが、
夕暮れ時にひとっ走りしてきました。

多摩湖に沈む夕陽がきれい。
20140811.jpg
帰り道は暗くなっていたので、
久しぶりに猫目ライト(EL540RC)が活躍。

新タイヤのPanaracer Race Type D
前回の8barから9barにしたところ
乗り味は硬くなりましたが、加速は軽くキビキビした挙動になりました。
うん、こっちの方が好み。
上りや下りのコーナーも問題なし。
出先のパンク修理が不安ですが、使っていこうと思います。

Panaracer RACE type A EVO2 (All-around) 700C

Panaracer RACE type A EVO2 (All-around) 700C
価格:3,479円(税込、送料別)



自転車 FELT F85
走行距離 34.62 km
平均移動速度 21.6 km/h
移動時間 1:36:12
経過時間 2:20:07
通算距離 8484.06km

にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

Panaracer Race Type D (duro) Evo2 が硬すぎて
新タイヤ Panaracer Race Type D が金曜の夜に届いた。
20140809-1.jpg

台風で翌日午後は雨の予報
ヨシ!午前中走れるよう今からタイヤ交換だ。

ブロガーの嗜みとしてまずは重量測定。
カタログスペックどおりの230g
200g前後のGP4000Sと比べると重いが、パンク耐性を重視したタイヤなので仕方ない。

タイヤ交換に取り掛かるが、このタイヤとにかく硬い。
硬いどころかそもそも小さいような・・・
690Cとかパナのオンリーワン規格なんじゃ!?と思うレベル。
WH-6800がはめにくいホイールというのも手伝ってか、
スポーク残り2本のところまで持っていくまでにヘトヘト、親指痛すぎ。
なんとか嵌めたもののヘロヘロでチェックが甘かったらしく
空気入れていたら、
パァーーン!
という音とともにチューブ破裂。

とーちゃん、この音こないだも聞いたよ。

トホホ・・・ラテックスチューブ高いのに。

このタイヤ硬すぎて、最後のところの隙間が狭いんですよね。
ラテックスチューブは伸縮性が低いので、空気が入っていない状態だとブチルより大きい。
納まりにくい=噛みやすいわけです。
いや、ちゃんとチェックしてりゃ防げたわけですけどね。

ラテックスチューブもう1本ありますが、またやったらショックすぎる。
ここはアイツの出番だ。
走行面に穴があいた状態で70km走ってくれたシュワルベブチル。

ブチルチューブに変えて、またタイヤをはめていく。

親指も掌も腫上るほどで、心も折れた状態で
はまってくれるduro様ではありません。

諦めて、朝起きてリトライ。
最後はタイヤレバーを使いましたが、
一晩明けたら意外とサックリはまってくれた。


こうなったら早く走ってみたい。
アメッシュ的にちょい怪しいので、近場の多摩湖自転車道へ。

アップダウン無しの20kmを走ってみての感想。
基本的にContinental GP4000Sとの比較になりますが、

加速の軽さは、GP4000Sより気持ち落ちるよう感じましたが、空気圧のせいかもしれません。
GP4000S(推奨空気圧は-8.5bar)は8.5bar入れていましたが、今回のType Dを8bar。
blog書きながら調べて、GP4000Sでは上限入れていたことに気づきました。
だってタイヤに8.5barって書いてあるんだもん。

Type Dの推奨空気圧は7-10.5barなので、次は9barくらいで試してみます。

路面からの突き上げは、GP4000S+ブチルよりは優しく、
GP4000S+ラテックスよりは強いです。
そもそも衝撃の伝わり方が、だいぶ違います。
GP4000Sは、コン!ポン!という感じですが、
TypeDはタイヤの表面で吸収した後にボン!とくる感じ。

不思議な粘りがあり、腰を浮かして強めにブレーキをかけると
減速した後に少し後ろに引っ張られるような挙動をしました。
バランスを崩したりというレベルではなく、少し面食らっただけですが。

上り下りやコーナーは試せていませんが、
走る部分ではバランスはよく、ウリの耐パンク性能が確かなら、
十分なタイヤだと感じています。
問題ははめるときの硬さ。
パンクしにくいタイヤとは言え、するときはするもの。
パンクしてしまったときに、外ではめられる自信がありません。
うーむ、どうしたもんか。

Panaracer RACE type A EVO2 (All-around) 700C

Panaracer RACE type A EVO2 (All-around) 700C
価格:3,479円(税込、送料別)



自転車 FELT F85
走行距離 21.21km
平均移動速度 23.3km/h
移動時間 54:41
経過時間 1:03:21
通算距離 8449.44km

にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

R-AIR逆転無罪。そしてタイヤ買い替え
昨日、走った後に後輪をチェックしてたら、
なんだかプクっと膨らんでいる箇所を発見。

タイヤが裂けて補修したときの接着剤が多かったのかな?

ん!!!?

20140805-99.jpg

中からチェレステが覗いているではありませんか。

チェレステ=ラテックスチューブ

この傷、6月くらいに作ったものなのですが、
さらにダメージが加わり貫通してしまったようです。

この写真を撮った直後に

パン!!!

という音とともに空気が抜けてしましました。


この穴、R-AIRの傷の位置と一致します。
つまり、R-AIRが入っていたときも貫通していたか、かなり薄い状態になっていたと。
そりゃ、パンクしますわ。

R-AIRを繊細すぎると書きましたが、完全に私のチェックミスでした。

こうなると後輪はタイヤごと換える必要があります。
ふぅ・・・まだ1500kmしか使っていないのに。

次のタイヤは、とにかくパンクに強いタイヤということで、
Panaracer RACE type D Evo2 にしました。

チューブはミシェランのラテックス。
R-AIRをラテックスばりの乗り心地と書きましたが、
やはり戻してみると、ラテックスのほうが乗り心地がよいです。
もっさり感というかマイルドさも出てしまいますが、
疲れないことが一番だと思いますので。


にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

R-AIRとは相性が悪いようで
この前の日曜から、後輪チューブをパナのR-AIRに変えました。

軽快でラテックスばりの乗り心地のよさ、それでいてマイルドすぎない。
GP4000Sと相性バッチリ!ラテックスよりいいじゃん!
前輪もラテックスからR-AIRに換えようかとすら思ってました。

今日タイヤチェックしたら、スローパンク orz....
このチューブ、プレスポの乗り始めの頃にも使いましたが、
そのときも交換失敗やパンクで短期で何本かダメにしてまして。
他のチューブではそんなことはないのに。

ハズレを引いたのか、交換のときに痛めたのか。
タイヤとの相性がよくても、自分との相性が悪すぎます。

しばらくシュワルベのブチルでガマンかな。
アレめっさ丈夫だし。

にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

Continental GP4000SII と Michelinラテックスチューブに変えてみて
今年の自転車復帰にあたって、変えてみた足回りの2品。



【エントリー&いいねでポイント7倍】■5,000円(税抜)以上送料無料■Michelin LATEX AIR COMP A...

■Michelin LATEX AIR COMP A1 700X22-23C 仏式 60mm
価格:1,744円(税込、送料別)


100kmライドを2回やってみての感想。

○タイヤ Continental Grand Prix 4000S-2
GP4000Sと変わりません!
ま、GP4000Sに不満はなかったので、十分なんですが。

○チューブ Michelin LATEX AIR COMP
こちらはハッキリと違います。
転がりがよくとか、漕ぎ出しが軽くとかはありませんが、
段差を越えたときの挙動が変わりました。
ブチルは硬く弾むような反応ですが、ラテックスは沈みこむように吸収してくれます。
GP4000Sのキビキビ感とはミスマッチですが、
路面からの衝撃はかなりやわらげてくれます。
空気の減りは速いですが、ロードは走るたびに空気入れるものなので気にはなりません。


にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用



広告



プロフィール

kotaro

Author:kotaro
from 西東京市


ski
field 戸隠、かぐら
materials
 ⑨K2 Pinnacle 95(16)
 ⑧HEAD i.SuperShape Speed(15)
 ⑦VOLKL RTM77(13)
 ⑥VOLKL CODE SPEEDWALL(13)

cycling
field 多摩湖、荒川、尾根幹、名栗
bike
 ④GT GRADE ALLOY(15)
 ③Cannondale SuperSix EVO(14)
 ②FELT F85(11)
 ①プレシジョンスポーツ(10)

other site
 多摩の坂
 大東京ヒルクライム!
 CHARI×MONO
 SKI×MONO



最新記事



最新コメント



カテゴリ



月別(表示数指定)



リンク

このブログをリンクに追加する



にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。