Cross×Road
スポーツサイクル初心者によるサイクリング日記・・・のはずだったけど冬場はスキー日記になりそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEYE VOLT800 (HL-EL471RC) の照射実験
長らくメインライトにEL540を使っていたのですが、
1ヶ月くらい前かな?新ライトを導入しました。

選んだのは前機と同じ猫目のVOLT800

EL540、355Bと並べてみる
20151128-13ライト3兄弟
こうやって並べるとEL540がいかにゴッツイかよーくわかる^^;
20151128-14ライト3兄弟
VOLT800は、355Bよりちょっと長いくらいのコンパクトさ、
それでいてめっさ明るいんだからたいしたものです。

早朝走行時にちょいちょいと使っていましたが、
昨日の荒川で照射映像を撮ってみました。

●ライト無し
20151128-10ライト無

●CATEYE VOLT800
20151128-11VOLT800.jpg
かなりの明るさで、遠くまで光が届いていることがわかります。
EL540は手前の暗さが弱点でしたが、VOLT800は手前から先まで
きれいに照らしてくれます。
355Bも付けていたのですが、必要性が感じられなかったので
1灯体制で日が出るまで走りました。
真っ暗なCRでも30km/hくらいで走る分には不安は感じませんでした
照射幅はそこまで広くないので、CRでは十分ですが、
曲がりくねった峠の下り等ではちょっと不安を感じるかもしれません。

ちなみにEL540ではあった上方光のカットはないので、
角度によっては対向車(者)からは、眩しく感じるかもしれません。
かわりにハンドル下等、装着の幅は広くなるので痛し痒しですね。

ちなみに
●GENTOS 閃SG-355B ワイド
20151128-12GENTOS355B.jpg
角度が手前すぎのせいです、ハイ^^;
しかし、VOLT800だと2灯体制にする必要がないので、
この写真のとおり355Bの影も薄くなりそうです。


にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

光らないインジケータ
暗い夜道を明るく照らしてくれる心強いCATEYE HL-EL540RCですが、
どうも様子がおかしい。

20120506.jpg
充電しようとプラグを指してもインジケータが光らない。

取扱説明書をガサゴソと探して読んでみる。
90日以上未使用の場合、リフレッシュしないと
充電できなくなることがあるとのこと。
ですが、その場合でも、
インジケータが短時間で充電完了を示す(=消灯)するように読めます。

付属電池はニッケル水素充電池なので、
長期間放置すると自然放電で空っぽになったり、
不活性化することはありえます。
しかし、スイッチを押せば点灯するので電池は生きています。

となると、考えられるのは
(1)インジケータの故障
(2)充電器の故障(ケーブルの断線とか)
かなーということになります。

とりあえず、点灯して放置してみることにしました。
電池が減ってきたときのインジケータ点灯がなければインジケータが怪しい、
そうでなければ充電器か電池が怪しい、ということになります。

前者なら、長めに充電しておけば問題なし(電池の寿命的にどうかはわかりませんが)
後者ならエネループプロあたりでも買いますかね。

怖いのは前触れなく使用中に切れてしまうことですが、
夜間走行するときは、閃SG-355B併用なので大丈夫かな。









にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

暗闇のCRなんて怖くない(CATEYE HL-EL540RC照射実験)
先週末は天気が悪く走れなかったので、
シゴトをサボって代休を利用して、走ってきました。

12時前に寝て、目が覚めたのは2時過ぎ、
あと1時間は寝なきゃなーと思いつつ、寝れずに1時間経過。
準備をして家を出たのが3:50頃。

何度も走った道なのに通りを1本間違えてしまう。
たまにやってしまいます^^;

まーそれでも、タイムロスはほとんどなく、
4:40に荒川到着。

土手に上がったところで、ライトの照射実験。

※ライトを自転車に装着した状態での点灯なので、EL540とSG-355Bで角度等が違います。
帰ってきてみたら、照射・カメラが斜めになってしまいました。
ご容赦ください^^;;

●GENTOS 閃SG-355B ワイド
20111019-1.jpg

●CATEYE HL-EL540RC ロー
20111019-2.jpg

●CATEYE HL-EL540RC ハイ
20111019-3.jpg

一見、SG-355Bの方が明るいようにも見えます。
しかしよく見ると、EL540が照らしている場所まで、
SG-355Bの光はほとんど届いていません。
道の先にある車止めが、
EL540ローではうっすらと、EL540ハイではハッキリ確認できると思います。
SG-355Bは手前を照らすように装着していたということもありますが、
水平にしたり、スポットにしても、それほど遠くまで届きませんでした。

EL540は前方に対してある程度の幅を持って、
非常に遠くまで光が届きます。
ジョギングシューズには反射材がついていますので、
ジョギングしている人はかなり手前からわかります。
位置が低いので、ジョガーの靴と思ったら猫の目だったこともありましたが(笑)
車止めもかなり手前から把握でき、安心して走れるようになりました。

画像では光が落ちているところの手前が真っ暗に見えますが、
実際はうっすらと見えます。
一見地味な照らし方ですが、自転車向きの実用的な配光になっています。

とは言え、やはり手前がちょっとさびしいので併用がベストかもしれません。
トラブルで突然落ちると、怖いですしね。

●CATEYE HL-EL540RC ハイ + GENTOS 閃SG-355B
20111019-4.jpg
文句なしの安心感

組み合わせてみて、SG-355Bもいいライトだと改めて思いました。
この組み合わせはかなりいいです。


ローでも走れなくありませんが、ライト・反射材なしの人がいると怖いので
EL540RCはハイで、SG-355Bはワイド・点滅で走ってみました。

結論
日中と同じくらいの速度で走れそうです。
サイコンが見えないので、実際の速度はわかりませんが^^;

ただこのライト、角度にかなり依存します。
下に向けすぎると光が遠くまで届かず、水平にしてしまうと拡散して暗く感じます。
走りながら調節したいところですが、付属のブラケットは調節できません。

所持しているまともなライトはこの2つだけなので、他との比較はできませんが、
大きさと重さを除いて、不満はありません。

手に入ってしまうと贅沢になるもので、
照らしている台形がキレイな形にならないかなーとか、
青く地味な光じゃなく白ぽい方がいいなーとか、
ブラケット…(調節機能つくと強度が落ちそうですが)とか
後継機種に期待です!(出たばかりなのにw)


さて、2灯体制で荒川を下流に向かってはしります。
前回は、おっかなびっくりでしたが、
頼りになるライトがあると、ナイトライドも楽しいですね。

しかし…

突然CRの中央に見えた影、
一瞬なにかわかりませんでした。

ちょうど中央ラインを中心に、5人くらいで座り込んで酒盛り?をしていました。
道のまんなかで?!ライトもなしに?!
道幅の広い箇所でしたが、それでも半分以上は占領しています。

いくらなんでも、自殺行為でしょう…^^;;
まともなライトを付けてなければ、
突っ込んでいても不思議ではありませんでした。

この時間帯にウォーキング・ジョギングする人は、
ライトなり反射材を身に着けていて、安心だなーと思っていたら…コワイコワイ

徐々に明るくなってきて、ライトをローに落としてもいいかなーと思った頃、
おや…光りが随分手前に…
ミノウラさんちのスペースマウントくんのホールドが弱くなり、お辞儀しています。

キッチリ締まっていたハズなのですが。。。

一旦停止して締め直す。
それ以降は大丈夫でしたが、スペースマウントの評価は保留ですね。

締め直したときに、前からパシャリ
20111019-5.jpg
そういう反応の人はいなかったけど、
すれ違う人、まぶしくないのかな?

6時前に河口に到着。
20111019-6.jpg

ここまでは追い風でしたが、帰りは当然向かい風。
スピードが出ないのは仕方ないとして、
この時期の向かい風は冷たいですね。
ウィンドブレーカーを羽織ってもまだ寒い。
もっと走ろうと思っていましたが、
幸魂大橋のところで荒川を離れ、帰路についてしまいました。


さて、
本日の新兵器があと2つありました。

まずは、IPF X-TAIL
20111019-8.jpg
明るくなってからの写真なので目立ちませんが、
右のシートステーで赤く光っています。
右につけていても左からも見え、なかなかの視認性だと思います。
テールライトは、切れても気づきにくいものですが、
これなら乗りながらや、信号待ちで確認できます。

続いて、トピークのトライドライバッグ
20111019-7.jpg
トピークさん…なんでカッチリなのに90°で作っちゃったの?
車種によっては、大丈夫でしょうが。
トップチューブに合わせると、隙間ができてしまうし…うーん
膝への当りやすさはあまり変わらず、
容量が大きくなったので悪くはないのですが。。


走行距離 97.20km
通算距離 3932.68km
走行時間 4:12'46
平均速度 21.9km/h
最高速度 41.9km/h










にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

CATEYE HL-EL540RCの連続点灯時間のサバ読み
CATEYE HL-EL540RCの連続点灯時間のサバ読みが、
発覚したので報告いたします。

天気予報どおり、午前中は雨、お昼前には晴れていましたが、
その時間から出る気になれず、本日はお休みしてしまいました。

で、お昼ご飯から帰ってきてから、ほかのことをしながら
CATEYE HL-EL540RCとGENTOS 閃SG-355Bのランタイムを測定してみました。

●CATEYE HL-EL540RC
 新品、付属の単3形ニッケル水素充電池(2250mAh)x4
 点灯・ハイモード(メーカー発表では5時間)
●GENTOS 閃SG-355B
 約4ヶ月使用、充電式単4形エボルタ(750mAh)x3
 点灯(メーカー発表では10時間)

電池は直前に満充電し、室内で点灯。
なので光量が落ちているかは、ほとんどわかりません。
出かけたり夕食やらで2回ほど中断があります。

点灯してから、3時間までは変化なし。
某所のレビューでSG-355Bが約3時間で消えたとあったので、
そろそろかと思いましたが、3時間はクリア。

4時間に差し掛かろうというところで、SG-355Bが消灯。
点灯ボタンを押してみると、点灯するものの1~2分で消えてしまいます。
じゃ、点滅ならどうだろう?
ということで点滅させてみることに。
結果、光は弱くなりつつも7時間以上経過した今も点滅しています。
(追記)7.5時間経過した頃にボタンを押したら、点滅も点灯もしなくなりました。

HL-EL540RCですが、公称の5時間を超えても、光り続けています。
公称10時間、実測3-4時間のGENTOSとは対照的です^^;

6時間もクリア。
6時間10分経過した頃、バッテリーインジケータが赤く点灯。
20111016.jpg
インジケータが点灯してからは、徐々に光が弱くなっていくのがわかります。
15分くらいでローの明るさといったところでしょうか。
インジケータ点灯から45分経つと、
さすがに街灯のない道を走るには怖い明るさになっています。
(追記)7.5時間経過しても、消えてはいませんが豆球状態でライトとして使えない状態になりました。

6時間も持つのであれば、早朝からのライドには十分以上ですし、
スペアに黒ループがあれば、ほとんど夜通し使うこともできそうです。
(私はそんな走り方しないけど!)
もちろん、個体差や使用条件により時間は前後すると思いますが、
公称値は、かなり余裕を持ったもののようですね。
逆サバっぷりに感心してしまいました。

そういえば、ブリジストンも公称より実測の方が軽いと聞いたことがあります。
さすが日本メーカーといったところでしょうか。

あと、
SG-355Bは点灯しなくなっても、点滅用としてはかなり持ちます。
ライト選定のときにSG-325もちょこっと考えたのですが、
これを踏まえると、点滅ナシは自転車用としてはかなりマイナスですね。
公称の点灯時間は…ナニカノマチガイデスキット


まとめ
●CATEYE HL-EL540RC
 付属電池のハイモードでの連続点灯は約6時間。
 その後、弱くなりつつ1時間点灯(それ以降も光るけど豆球状態)
●GENTOS 閃SG-355B
 エボルタでの連続点灯は約4時間。
 突然落ちるが、点滅ならその後も3時間程持ちます。









にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

HL-EL540RCを装着
新ライトCATEYE HL-EL540RCが届きました。

左からEL540RC、EL135、SG-355B
20111015-2.jpg
わかってはいましたが、大きいです^^;;

ふつうにハンドルに付けたら、大きすぎて浮いてしまいました。

なので、仕事帰りにお店によって、
ミノウラのスペースマウントを購入。
20111015-3.jpg

ついでにサイコンもステムからスペースマウントに移動。
サイコン見るのに下向いてしまうのが気になっていたので。

これなら見た目的には問題ないかな
20111015-5.jpg
とはいえ、なかなかの存在感。
20111015-4.jpg
ハンドルまわりが賑やかになってまいりました。

さて、
EL540RCですが、今週末は天気が悪そうなので走れそうにありません。
ベランダで試したところ、あきらかにSG-355Bより明るく照らしてくれました。
台形の変わった配光で、周辺光は少な目なので他のライトと併用した方がいいかもしれません。
遠くに合わせると意外と周辺も照らしてくれるという声もあるので、
実際に走ってみないとわかりませんね。

ところで、上の画像にちょっとだけ出ていますが、
もう1つ新兵器を導入してみました。
20111015-1.jpg
トピークのトライドライバッグ
従来のものより、若干大きくガッチリしています。
形が崩れにくくなりましたが、大きくなったので
ダンシングしたとき、どうかな~というのが気になります。


にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

真っ暗なCRで使えるライト
昨日の暗闇の荒川CRを踏まえての新ライトの検討です。

まずは現在使用しているライト

前-メイン
GENTOS 閃 SG-355B
GENTOS_SG355B.jpg
100ルーメン、単4x3本、点灯10h(実際は3-4時間前後らしい)・点滅21h、102g、照射範囲調節(8~30°)
価格・明るさ・購入の手軽さで、定番のホムセンライトです。
保証はされていませんが、エボルタで使っています。

前-サブ
CATEYE HL-EL135
HL_EL135.jpg
150カンデラ、単3x2本、点灯80h・点滅320h、94g
おなじみ猫目のお手軽ライト。
路面を照らす明るさはなく、相手に存在を知らせるためのものと思ってください。
ラインタムが長いので電池交換の手間がない、猫目製で信頼性が高いので
街灯だらけの都内を走る分には、これでもなんとかなります。

尾灯
CATEYE SL-LD100-R
SL_LD100_R.jpg
点灯50h・点滅100h、23g
サドルバックに付けています。
明るさはかなり心もとないのですが、
後ろはリフレクター+サドルバックやヘルメットに再起反射シートを
貼ってあるので大丈夫かなーと思っています。


続いて使用条件。

・ジテツウはしていないので、使うのはCRメインの週末ライドになります。
・ランタイムについて。
 100km以上走るときは朝4時頃に出る(ロングなら3時かも)ので、それから明るくなるまでは欲しい。
 国立天文台のHPによると、昨日の日の出は5:40で、最も遅い時期は6:51。
 日が出てもしばらくは点滅で付けるので4時間+α、
 乾電池が使えないモデルは、トラブルを考えて+数時間欲しい。
・SG-355Bより明るく、照射範囲が広いこと。
・SG-355Bと併用の予定。


候補はこの3つ
(1) CATEYE HL-EL540/HL-EL540RC
HL_EL540RC.jpg
4000カンデラ、単3x4、244g
付属のニッケル水素電池:点灯ハイ5h、ロー15h、点滅60h
アルカリ乾電池:点灯ハイ2h、ロー9h、点滅30h
猫目がようやく本気を出したと言われているライト。
まっくろくろすけさんCBあさひ、サイクルショップ金太郎(1 2)のblogを見ても、
十分な明るさと照射範囲があることがわかります。
ランタイムもメーカー発表のものを信用してよさそう(結局は電池しだいですからね^^;)
ローでも十分明るいようなので、ランタイムは申し分ありません。
黒エネループを持っていないので買うなら、専用電池付の方かな。
気になるのは大きさ。
今使っているものや他の候補と比べると倍くらいありそうです。。

(2) DOSUN S1-Delux
S1-D-B-W.png
130ルーメン、単3x2、点灯ハイ3h・ミドル6.5h・点滅ロー20h、150g
コンパクトで明るくて配光がいいと評判のライト。
上のサイクルショップ金太郎さんのEL540との比較でも、
明るさはEL540、配光と軽さはS1の方が優れていることがわかります。
ランタイムは短めですが、予備電池を携帯しやすいのでそれほどネックにはなりません。
心配なのは信頼性。
防水性や素材の劣化・熱処理等を心配する声があるので、そこがどうなんだか。

(3) MOON GEM4.0
Moon_GEM40.jpg
300ルーメン、点灯オーバードライブ2h・ハイ3h・スタンダード7h・ロー15h・点滅7h、
リチウムバッテリー、143g
まるRRさんのblogでSG-355Bとは次元の違う明るさと言われていたライト。
300ルーメンということなので、EL540やS1と比べても段違いに明るいと思われます。
問題は専用バッテリーなので、予備電池を持てないこと。


結論

CATEYE HL-EL540RC にしました。

MOON GEMは予備電池が持てないのがネック。
2つ購入ならDOSUN S1をメイン、サブとしてEL540を点滅がよさそうですが(両方とも単3だし)、
1つなら信頼性とランタイムでEL540という結論になりました。

ついでに尾灯として、↓これもポチり。
IPF X-TAIL
x_tail.jpg
余っている単4x1が有効活用できます。
大きい方がよかったのですが、在庫切れだったので小さい方になりました。









にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用



広告



プロフィール

kotaro

Author:kotaro
from 西東京市


ski
field 戸隠、かぐら
materials
 ⑨K2 Pinnacle 95(16)
 ⑧HEAD i.SuperShape Speed(15)
 ⑦VOLKL RTM77(13)
 ⑥VOLKL CODE SPEEDWALL(13)

cycling
field 多摩湖、荒川、尾根幹、名栗
bike
 ④GT GRADE ALLOY(15)
 ③Cannondale SuperSix EVO(14)
 ②FELT F85(11)
 ①プレシジョンスポーツ(10)

other site
 多摩の坂
 大東京ヒルクライム!
 CHARI×MONO
 SKI×MONO



最新記事



最新コメント



カテゴリ



月別(表示数指定)



リンク

このブログをリンクに追加する



にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。