Cross×Road
スポーツサイクル初心者によるサイクリング日記・・・のはずだったけど冬場はスキー日記になりそう
STRAVAセグメントから見える脚質 2016夏版
前にも似たようなことを記事にしたけど、
STRAVAでめぼしい区間の順位をグラフにしてみた。

適当にピックアップした区間から、今年300人以上の記録がある箇所で絞込み。
今年の順位で、例えば100人中40位なら60てな感じで数値化。

青:街の平坦路(3件) 緑:平坦CR(4件) 橙:街坂(3件) 赤:ヒルクラ(5件)

20160818STRAVAb.png
やっぱり数字って正直で残酷だ。

昨秋からヒルクラをがんばっているつもりですが、速くはなっていないらしい。
そして相変わらずの平坦番長っぷり。
フレームもホイールも平坦よりヒルクラ向きのハズなんだけどね。


にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

月1000km走り体重が3kg減って
自転車はダイエット効率がいいと言われていますが、
正直なところあまり実感がありませんでした。
たしかに冬場(ほぼ乗らない)と比べれば絞れるかな、くらい。

5月に月間走行距離が初めて1000kmの大台に達し、
6月も800kmを走り、明らかに変わってきました。

わかりやすいところで体重の変動。
67.5~70kgだったのが、65~67kgと2.5~3kgの減量。
最小はライド後の少ないとき、最大は夕食後。
そこまで大きな変動ではありませんが、
65kg台は15年振りくらいなので、自分としては衝撃でした。

周りから痩せた?とは言われないので、
ぱっと見でわかる変化ではないでしょうが本人的にはかなり違います。
肉が薄くなったので、満員電車で押されると痛い;;
肩甲骨や肩が刺さる(相手の方は痛いと思いますw
扉や壁にぶつかったときも以前より明らかに痛いです;;
脂肪って体を守ってくれていたんですね。

普段着ている服だとあまり変化を感じませんが、
自転車に乗るときのタイトなジャージだとかなり余裕が出てしまいます。
カステリは大丈夫だけど、パールのジャージお腹周りが余って格好悪い;

体重が減ったことで速くなるんじゃないか?と期待するのですが、
STRAVAの記録を見ても体感でも、残念ながら速くなったようには思えません。
むしろ平坦は少し落ちたんじゃないか、と感じるくらい。
ただし、登りでのダンシングはやりやすくなりました。
自分はダンシングするとすぐに疲れてしまうし、
疲れるとダンシングできなくなっていたのですが、
最近はけっこう登った後でもダンシングが続けられる。

痩せてよかった!!!
と思えることは意外と少ないのですが、
これでようやく標準体重くらい=ロード乗りとしては細いとは言えないですし、
気分的にはいいので、出来るだけ維持していこうと思います。


にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

GIANT PROPEL ADVANCED 2 (2016) に試乗
先日のKhodaaBloomに続いて
奥さんのロード探しの便乗で、GIANTにも試乗してみました。
コーダは試乗会ということもあり、試乗する気満々で行ったのですが、
今回は在庫確認だけのつもりでスタッフの方と話しているうちに、
サイズ確認に試乗したら?と言われ、
せっかくだから旦那さんもどう?という流れでの試乗でした。

TCRにも興味があったのですが、
乗ったことのないエアロロードということでプロペルを選択

GIANT PROPEL ADVANCED 2 (2016)
20160806-GIANT-PROPEL-ADV2.jpg
フレームは4グレードあるうちの3番目(4番目はアルミ)
コンポは105、ただしエアロロードらしくブレーキは専用のVブレーキになります。

前週に乗ったコーダのクロモリバイクとは明らかに違う乗り味。
いかにもロードバイクらしい軽快さと鋭さがあります。
空気圧はかなり低かったので(3-4barとかそういうレベル)、
スポイルされていたとは思いますが、加速感もいい。
イメージと違ったのが、低速でも感じる直進安定性の高さ。
ゆっくりペースだったので、エアロ効果を体感することは出来ませんでしたが、
直進安定性の高さとペダルからの力がよく伝わることは感じました。

EVO号との比較では、ダンシングのしやすさはEVOだけど、
シッティングはPROPELかなといった感じ。
エアロロード=平坦番長なイメージですが、シッティングでの登りもかなりいけそうです。
都民の森とかなら、こっちの方が速そう。

専用Vブレーキですが、
スタッフの方にGRADEのディスクブレーキよりは効かないけど・・・
と言われましたが、十分な制動力だと思います。
たしかにディスクブレーキのスムーズな制動や、
6800系アルテの質感&強い制動力より落ちるかもしれませんが、
5700系105のブレーキとの比較なら決して劣らないかと。
峠の下りなんかで使うとまた違う印象になるかもしれませんが。

乗り心地は特段よいわけではありませんが悪くもなく。
低圧だったので、実際は固めなんだろうと思います。
加速感も含めちゃんとした空気圧で乗りたかった。

ちなみにGIANTのバイクって、ホームページの写真だと
どぎつかったり、ロゴがイマイチに見えますが、実物のほうが格好よく見えます。
むしろ造形や仕上げの綺麗さに目を奪われる。


乗り終わった後にHPで値段を確認して驚き、
定価22.5万円、セール中だから今なら18万円ですよ。
エントリーグレードでこれなら、上はどれだけいいんだろう。

2017モデルでリニューアルされると思われるプロペル、
次バイクを探すときは候補に入るなあ。


にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

ありえないサイドカットパンクに途方に暮れた
ジテツウの途中、ありえないサイドカットパンクに襲われました。
場所は青梅街道沿い、丸の内線の新高円寺と東高円寺の中間あたり。

パンッ!という大きな破裂音と路面からの衝撃で、パンクということはすぐにわかった。
ブレーキを掛けて停車、押して歩道に上がり、近くの路地で修理開始。

え!!!!?これは・・・

20160805-1.jpg
ただのパンクならともかく、ここまでタイヤが裂けるのは想定外。
ふつーサイドカットって大きくても1cmとかじゃ。

どうしよう・・・

眩暈がしてくる。
パンク等を想定して多少のマージンは取っていますが、こうなると遅刻は確定。
いや、そもそも走れるようになるのか?

丈夫なはずのコンチ4Seasonのサイドが約10cmに渡り裂けている。
裂けた周辺部も筋状にダメージがある。
20160805-5.jpg

都市部なので自転車屋さんは近くにありますが、開店している時間ではありません。
さて、どうしたもんだか。

チューブは真っ二つ。予備チューブはあるのでそれは大丈夫。
タイヤ補修用に布テープを持っています。
20160805-2.jpg
布テープをタイヤ裏側に貼ってみる。
しかし、ここまでのカットは想定していないので20cm程度しかなく、
貼った時点で足りてなさそうだなーとは思いました。
走り出すと案の定、空気圧に押されてすぐにタイヤがボコボコに。
またすぐにパンクしそう。

近くのコンビニで布テープを購入。
タイヤの裏側からビード・表側まで覆うようにして、周囲も補強するように貼りまくり。
20160805-3.jpg
路面に触れる部分にもテープがあるのでペタペタするけど、
裂けた箇所がボコボコにはならなそう。
それでも不安なので空気圧は低くして、20km/hまでの低速走行。
なんとか10km走って自宅まで戻ることができました。


パンクの原因ですが、正直わかりません。
路面からの衝撃はありましたが、大きな段差や障害物はなかったように思いますし、
むしろパンクしたことによる衝撃だと思います。

怪しい点が1つ
20160805-6.jpg
写真ではわかりにくいのですが、左側サイドにダメージがあります。
裂けたのは10cmですが、こういう痛みが35cmに渡ってありました。

このタイヤは昨年12月から、FELT F85で使用していたもの。
街乗り・通勤用のF85には、BB装着型のキックスタンドを付けていました。
しばらく様子を見てタイヤに干渉しなそうだと思い使い続けていたのですが、
なんらかの衝撃をうけて撓んで、タイヤサイドに接触し傷をつけた。
で、裂けかけていたところに空気圧で裂けてパンクしたと。
こう考えれば激しすぎるサイドカットも、裂けていない部分の傷の理由もつきます。


教訓
・BB装着型のキックスタンドは、相当のクリアランスを取らないとタイヤを傷つける
 (自分は今後使わないと思います)
・布テープは大量に持つ。タイヤブートより大量の布テープの方が対応できることが多い


にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

KhodaaBloomのクロモリバイクGIGLIO に試乗
KhodaaBloomのクロモリバイクGILIOに試乗しました。
ロード購入に前向きになりつつある奥さんの試乗が目当てなので、
自分のGIGLIO試乗はついででしたが。

KhodaaBloomはコスパがいいことで有名な日本メーカー、
さらにブレーキだけ1グレード上にしたり、105完成車にアルテホイール突けたりと
面白い構成で出してくることで前から興味があったメーカー。
自転車に興味を示した知り合いには、
「こだわりがなければGIANTかコーダはどう?」と勧めてたりします。

今回近場のワ○ズで試乗会があるということで出撃。
20160730-ys.jpg
公式ブログにもろに晒されてた。
撮っていることには気付いていて、入らないようにしていだんですけどね^^;

奥さんは買うとしたらFarna 700-Tiagraですが、
試乗はサイズのあうFarna 700-Claris (395サイズ=HTTL500)。
自分は、同じフレームにするかカーボンか・・・と思っていましたが、
クロモリもあるよ、と言われ未経験のクロモリバイクにしてみました。

GIGLIO 2.1 (Campagnolo VELOCE)
20160730-GILIO.jpg
写真で見てもクロモリバイクの佇まいはいい。

1サイズ小さかったのでハンドルが近いものの窮屈には感じない。
持った感じはそれなりに軽い。
10.5kgのGRADEよりは明らかに軽く、アクセ付のEVO(8kg)よりは重いので
9kg弱といったところでしょうか。

本体の前に初カンパのコンポVELOCEについて。
シフターはコンパクトで握りやすい、形状からか自然に深く握れる感じ。
親指でのシフトはなかなか慣れなかった。
変速は可もなく不可もなく。
アルテと同価格帯と考えると変速の質感や精度は落ちる。
GRADEについているTiagraと同程度といった感じ。
クロモリには似合うので、そういう意味ではアリかなあ。
ブレーキの効きは十分だけど、Vブレーキに近い効き方。
効かないよりはいいけど、速度コントロールのしやすさでは劣る。
価格はアルテに近いけど、精度や質感はTiagra相当といったところかな。
根強いカンパ好きがいるのもわかったが、
コスパ的には悪いので廃れるのもわかった気がした。

乗ってみての感想としては、なんとも言えない心地よさがある。
GIANT DEFY ADVはゆったり優雅な乗り心地&フロントフォークの吸収、
GT GRADEはドッシリとした安心感&チェーンステー回りでの吸収を感じたけど、
このバイクはそういうハッキリとした特徴やここで吸収しているというのはない。
車体全体が一体となってナチュラルに丸めてくれている感じ。
クロモリは体に優しいというのこういうことなんだなと納得。

漕ぎ出しも鈍くはないけど、EVOのような地を這うような感じや鋭い加速感はない。
自然に加速して、自然に伸びていく。
30-35km/hくらいまでは自然に伸びていったので、
速度域は低いわけではなさそう。

スポーツとして楽しむなら今時のカーボンやアルミだけど、
クロモリは乗ること自体を楽しめる。

ジテツウ号としてエンデュランスロードのGT GRADEを買ったけど、
クロモリにしてもよかったなーと思って、
試乗後に公式HPで値段を確認したら完成車46万円也(フレーム25万円)。
なるほど、クロモリだからあの乗り味なわけではなくて、
それなりのグレードだからだったのね。

今ほしいとは思わないけど、
もう少し歳を取ったらクロモリバイクに乗ってみたい。
そのときはこれも候補に入ると思う。

にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


広告



プロフィール

kotaro

Author:kotaro
from 西東京市


ski
field 戸隠、かぐら
materials
 ⑨K2 Pinnacle 95(16)
 ⑧HEAD i.SuperShape Speed(15)
 ⑦VOLKL RTM77(13)
 ⑥VOLKL CODE SPEEDWALL(13)

cycling
field 多摩湖、荒川、尾根幹、名栗
bike
 ④GT GRADE ALLOY(15)
 ③Cannondale SuperSix EVO(14)
 ②FELT F85(11)
 ①プレシジョンスポーツ(10)

other site
 多摩の坂
 大東京ヒルクライム!
 CHARI×MONO
 SKI×MONO



最新記事



最新コメント



カテゴリ



月別(表示数指定)



リンク

このブログをリンクに追加する



にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ



検索フォーム